甘いカクテルの糖質はスイーツ級? 350ml缶の糖質量ランキングを作ってみた

以前にお届けした「コンビニで買えるカクテル缶高カロリーランキング」に続きまして、「糖質・糖類量ランキング」を作ってみました。

基本的には甘いお酒のカクテル。果汁を使ったものも多いですし、ビールと比べると糖質量は多そうな感じ。とりあえず日ごろ美味しく飲んでいるカクテルの糖質量について、あるていどの数値感を掴んでおきましょう(そして無視して乾杯する)。

 

チェックしたカクテル缶について

今回チェックしたカクテル缶は、主要コンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)に行けば「だいたい売ってるな〜」とmitokスタッフが判断した銘柄の350ml缶をピックアップ。糖質・糖類はメーカー公式サイトまたはパッケージ記載の情報をもとにしています(2017年5月25日時点)。なお、商品によって糖質または糖類いずれかの表示となっていますが、本企画では便宜上、両者を統合して扱っているため、ランキングはあくまでも目安としてご覧ください。

【350mlカクテル缶】糖質・糖類量ランキング!

銘柄によって糖質または糖類の表示となっているため、ランキングは暫定のものとなります。また、ゼロ表示でも厳密には 0g とは限らない点については認識しておいたほうがよろしいかと(下記参照)。

  • 糖類は糖質の一部(糖類ゼロ=糖質ゼロとは限らない)
    • 糖質 = 糖類(単糖類+二糖類)+ 糖アルコール + 三糖類以上の多糖類
  • 糖質・糖類は、100mlまたは100gあたり 0.5g未満ならゼロと表示可能

糖類は砂糖やブドウ糖、果糖など、多糖類はオリゴ糖やデンプンなど、糖アルコールにはエリスリトールやキシリトールなどがあります。

糖質がもっとも多いのは『ウメカク ソーダ仕立ての梅酒カクテル 宮崎産 日向夏』42g / 350ml

今回チェックした銘柄では、サッポロ『ウメカク ソーダ仕立ての梅酒カクテル 宮崎産 日向夏』が 100mlあたり12.0g、350ml缶42.0gでもっとも糖質の多いカクテルという結果に。ローソンの『プレミアムロールケーキ』3個分強(1個13.0g)ですね。この商品シリーズは総じて糖質が高い傾向にありますが、糖類表示のメーカーも多いので、この1位はあくまでも暫定ということで。ちなみに、本商品はカロリーでも1位でした(231.0kcal)。

一応、糖質・糖類量トップ5(350ml缶)を改めて確認しておきましょう。

  • 第1位 サッポロ『ウメカク ソーダ仕立ての梅酒カクテル 宮崎産 日向夏』糖質 42.00g
  • 第2位 サントリー『ほろよい 白いサワー』糖類 35.14g
  • 第3位 アサヒ『アサヒチューハイ果実の瞬間贅沢みかんテイスト』糖質33.95g
  • 第4位 サントリー『ほろよい ぶどうサワー』糖類 32.52g
  • 第5位 サントリー『ほろよい もも』糖類 32.03g

以前にお届けした缶ビールの糖質量ランキングでは第1位の銘柄が 16.1g(350ml)だったので、カクテルはかなり糖質量が多いですね。

最後にカクテルとビールの糖質・糖類量の平均値をまとめてみました(糖質・糖類ゼロ銘柄は除外)。

  • カクテルは350ml缶で平均約19.3g(5.4g/100ml)
  • ビールは350ml缶で平均約10.4g(3.0g/100ml)

カクテルの糖質・糖類量はビールの約2倍、だいたいそんな感覚でいればよいかと思います!