吉野家でいちばん人気の「朝定食」はどれ? お店の人に売れ筋トップ3を聞いてみた

吉野家では、朝4時から朝11時まで、朝食メニューを提供しています。一日の活力を得るため、ごはんをしっかり胃袋に収めておきたいけど、牛丼はちょっと重すぎるかな……そんな需要にバッチリ合致! 短時間でささっと食べて出られるのも、通勤・通学中にはありがたいところ。

そこで気になるのが、みんなは吉野家でどんな朝食を食べているのかということ。というわけで、お店の人に「吉野家の朝食メニュー売れ筋トップ3」を聞いてみました!

 

※本企画で紹介している吉野家「定食メニュー」の人気ランキングは2017年6月の販売動向をもとにしています。情報提供:吉野家

第3位】納豆牛小鉢定食

450円|626kcal

納豆、ごはん、味噌汁、味付けのりに、牛小鉢がついて450円(税込)の『納豆牛小鉢定食』が第3位でした。朝から牛丼はちょっと重いかなという人でも、この牛小鉢ならちょうどいい塩梅かもしれません。そして改めて注目したいのが、煮込まれてクタッとなった甘辛いたまねぎ。これがごはんにあってておいしいです。

第2位】特朝定食

 550円|752kcal

第2位はこちら! 納豆と鮭(トラウト)、朝食の定番おかずを両方食べられるのが、その名も『特朝定食』。ごはん、味噌汁、生卵、ネギ、味付けのりがついて、ちょっとお高めの550円(税込)となります。たまごかけごはんにした上で、鮭をのせて味付けのりで包んで食べるっていう手もありますね。選択肢が多いので、アレンジのしがいがあります!

第1位】納豆定食

360円|597kcal

そして堂々の第1位は『納豆定食』でした! 納豆、生卵、ネギ、味付けのり、ごはん、味噌汁で360円(税込)となります。シンプルですが、だからこそ朝にはちょうどいいのかもしれません。

生卵にちょっと醤油を垂らし、箸でかき混ぜてからごはんにかければ、たまごかけごはんに! その上に納豆をのせ、ネギを散らし、味付けのりを添える。うーん、完璧ですね! 一気にかき込むのもよし、味付けのりで包んで、一口ずつじっくり味わうもよし! 朝食をしっかり食べてパワーを充填し、一日を元気に過ごしましょう。

*    *    *

以上、吉野家の「朝食メニュー」売れ筋トップ3をお届けしました!