チーズ鱈のおいしい食べ方! 春巻きで包みトースターで1分でパリパリ香ばしくなるっ

超定番のおつまみおやつ、チーズ鱈。そのまま食べても美味しいのはもちろん、レンジでチンしてカリカリ食感にするアレンジ方法も人気ですよね。他にもチーズ鱈をいつもとちょっぴり変わった味わいで楽しめる簡単レシピがありまして、それがなとり公式サイトで紹介されている「チーズ鱈のパリパリ巻き」。

チーズ鱈にちょっと意外な食材をプラスして、一段上のおつまみレベルに仕上げられる良レシピでしたので、実際に試したところをご紹介いたします!

 

チーズ鱈のパリパリ巻き 調理時間約10分

用意するもの

  • チーズ鱈 18本
  • 春巻の皮 3枚
  • 焼き海苔 適量
  • 蜂蜜 適量
  • ケチャップ 適量

春巻の皮に海苔や蜂蜜と一緒にチータラを巻いて、焼くだけ!

まずは春巻の皮を3枚ほど、縦に三等分にカットします。

それぞれの皮に焼き海苔、ケチャップ、蜂蜜を塗って、その上にチーズ鱈を1~2本置きます。写真だとケチャップが多すぎですね。ナイフなどでうすーく広げるぐらいでOKです。今回は一本ずつが短い『一度は食べていただきたい熟成チーズ鱈』を使ったので、縦に並べて春巻の皮に合わせた長さにしています。

あとは春巻の皮の端っこを水でくっつけて巻き上げまして、トースターに入れて1分ほど、焦げ目がつくまで焼き上げましょう。

パリパリトロトロの優秀チーズおつまみ!

レシピは9本分の分量ですが、とりあえず6本作ってみました。要するに春巻の皮に何かしらの調味料か薄い食材をセットして、チーズ鱈をぐるっと巻いて焼くだけですね。トースターオンリーで、揚げずにヘルシーなおつまみメニューが即完成です。

パリッときつね色に焼けた春巻の皮はサクサクの食感で、その中から現れるのはトロリと溶けたチーズ鱈。これだけでも文句ナシにお酒がはかどる濃厚さですが、そこに海苔が合わさると更に香ばしさ抜群に……! ケチャップだとオヤツ向きで、お子さんにも喜ばれそうな美味しさに仕上がります。

蜂蜜を塗ったものは、なんとも言えないまろやかな甘味と酸味……。蜂蜜チーズなんて間違いなくウマい組み合わせです。ちょっとしたオヤツにはもちろん、おつまみとしてもなかなか美味しく仕上がるので、チータラ好きな方はぜひ一度お試しを!