牛丼屋に負けないセブン冷食『牛皿』のクオリティ! ご飯のせにもビールのつまみにもお好きにどうぞ

牛丼チェーン店のメニューにある「牛皿」、頼んだことありますか? ご飯と牛肉を別々に味わいたい時、単品でおつまみにしたい時、たまに注文するかな~程度かと思われますが、セブン-イレブンにもずばり『牛皿』なる新作冷凍食品が登場中です。

クオリティ安定なセブン冷食の例に漏れず、これまた牛丼屋さんに負けない美味しさに仕上がっていました!

セブン-イレブン『牛皿』257円

おすすめ度 ★★★★☆

9月4日からセブン-イレブンの冷凍食品コーナーにて販売中。製造者は日本ハム株式会社となっております。価格は税込257円で、内容量は120g。牛丼チェーンの牛皿をテイクアウトするのと比べて、ひとまずは特別安くも高くもない感じの価格設定でしょうか。

調理方法はトレイをそのまま、500Wのレンジで2分40秒チンするだけ。解凍された牛皿から漂ってくるタレの香りは、なんだか馴染み深い感じのする甘い匂いでして……

 

みりん、生姜、醤油ベースで仕上げたという甘辛テイストは、やはり牛丼屋の味をかなり意識した味付け! 牛脂のまったりした旨味と玉ねぎの甘みが移った、濃厚ながらもじんわりと染みる優しい味わいがあるタレなんです。タレの量はまあまあですが、肉に負けない主張があるしっかりとした風味にこだわりを感じます。

牛バラ肉はふんわり柔らかな口当たり。玉ねぎとタレの香ばしさが染み、じっくり煮込んだ感のあるジューシーな仕上がりです。ボソッとせずにちゃんとした食べごたえがあって、お肉の質も牛丼屋さんと遜色ないような……。

クオリティ的にも味付け的にも、牛丼屋さんの牛皿に真っ向から勝負を挑んでる感じ。お店でテイクアウトするよりも手軽さは上ですね。ボリュームは今ひとつですが、丼飯一杯分にピッタリぐらいの量ですから、十分アリな選択肢かと。濃いめの味付けでおつまみにもバッチリハマること確実ですよ!

カロリーは?

ちなみにカロリーは1袋当たり303kcalとなっております。