「フライパンでゆで卵を作る方法」がわずかな水でOKの時短ワザだった

ゆで卵を作るとき、いつもどうしてます?

鍋に卵を入れたら、かぶるくらいの水を加えて火にかけ、沸騰したら5分で半熟、12分で固ゆで、という感じがわりと教科書的な作り方。でも、フライパンで作るともっと短時間でできちゃうんです。しかもキレイにむけます。

たびたび話題になる調理テク。ご存知でなかったらぜひお試しください!

 

用意するもの

フライパンゆで卵の調理に必要なものは、

  • 常温にした卵4個
  • 水1/4カップ(50cc)
  • フタのぴったり閉まるフライパン

以上です。

フライパンゆで卵の作り方

卵をフライパンにそっと並べ、水を加えてフタをします。

強火にかけて1〜2分。

沸騰したら……

中火にしてさらに5分加熱します。

5分経ったら火を止めて、そのまま1分〜8分ほど放置します。取り出したら水で冷やして完成です!

放置時間で仕上がりはどう違う?

こんな感じで出来上がりました。放置時間の違いでゆで加減を調整できますよ。

また、ゆで卵の殻をキレイにむくにはゆでた後に氷水で急速に冷やすのが大事、と言われますが、このゆで方なら普通の水で粗熱が取れる程度に冷やすだけで大丈夫。ツルツルぷるんと気持ちよくむくことができますよ!

ゆで時間が短く、ガスも節約、さらにむきやすい、いいことづくしのお手軽フライパンゆで卵。明日の朝食に、お弁当に、ぜひ試してみてください!

<参考リンク>
自宅でコンビニ風の塩ゆで卵を再現する方法
味玉づくりに麺つゆは古い!? 「◯◯のたれ」に漬け込んだら美味しすぎたっ!