話題の鍋レシピ「無限ごま油鍋」は簡単に作れる必食レベルのおいしさだった

いまインターネットで話題を呼び始めているという、「無限ごま油鍋」なるレシピはご存知でしょうか。

万能調味料としておなじみのごま油を、なんと豪快に100ccもぶち込んでスープベースにしちゃう鍋メニュー。無限ピーマンをはじめとする「無限レシピ」の名を冠するだけあって、アツアツトロトロで旨味濃厚、箸が止まらない危険なレシピでした!

 

基本はごま油と鶏ガラスープだけでOK!

具材は普通の鍋に使う野菜類や、シメの中華麺などをお好みに応じて用意すればOK。とりあえずスープ用にごま油と鶏ガラスープの素(味覇で代用も可)、具材に豚肉とキャベツと舞茸、ぐらいがあれば十分ではないかと!

作る手順はわりとシンプル。まずは鍋やフライパンにごま油100ccを注いで弱火で熱します。次に肉類を入れ、軽く火を通したら、いったん取り出しておきましょう。お好みでスライスしたニンニク2~3片分を一緒に炒めておくとコクが増しますよ。

水500~700cc程度に鶏ガラスープ大さじ1を溶いただし汁を投入。火力を強め、沸騰してきたら具材を入れ始めちゃいましょう。具材に応じてしっかり煮込んだら、取り出しておいた肉を乗せて出来上がりです!

ちなみに肉を最初に炒めるのは、あらかじめ肉にごま油の風味をしっかりと付けるため。面倒な場合は通常の鍋と同様、他の具材のあとに肉を加えるか、取り出さずそのまま熱しておいても大丈夫です。

ごま油の香りが染みた野菜が止まらないウマさ!

コレがそのまま食べてみると、鶏ガラや野菜の旨味の中にごま油の香りがじんわり効いて、なんとも染みる優しくも濃厚な味わい……! 若干オイリーですが、大量のごま油を使えばこそのアツアツトロトロな口当たりがたまりません。とにかく野菜を食べる手が止まらず、一人鍋でも完食余裕ではないかと!

ちなみにつけダレを用意するのも良いのだとか。右はポン酢にネギを合わせたもの。左は醤油(大さじ1)、みりん、酒、砂糖(小さじ1)をレンジで加熱し、卵(1個)、おろしにんにく(少々)、豆板醤(少々)を混ぜ合わせたもの。さっぱり系と甘辛系で飽きずに食べられますよ。

試した感じ、ごま油の風味がマスクされがちな印象なので、つけダレは好み次第で用意すればよいかと。ごま油スープ単体でも相当ウマいので、まずは一度そのまま食べてみて、味付けが足りないと思ったら、スープに味を足したりつけダレを作ってみるのがよいかと!

シメはスープに余ったつけダレを投入して、中華麺を茹でるのがおすすめ。太麺にスープをたっぷり絡ませると、各種具材の出汁とごま油の香りが合わさった旨味で、超濃厚なつけ麺を食べているような絶品ぶり……! ハマること間違いなしなので、ぜひ一度お試しを!