小袋チョコの高カロリーランキングを作ってみた|2017秋

コンビニのおやつコーナーにある「小袋チョコ」、めっちゃ種類豊富ですよね。選択肢が多すぎて選ぶのが面倒なくらい。とりあえず1袋のカロリー基準で選んでみてはいかがでしょうか。コンビニで買える40種類ほどの商品を対象に高カロリーランキングを作ってみました。

 

チェックした商品について

今回チェックした商品は「主なコンビニ(セブン・ローソン・ファミマ)に行けば買えて」「内容量は30〜50gくらい」の小袋系。カロリーはメーカー公式サイトまたはパッケージ記載の情報をもとにしています(2017年10月12日時点)。

小袋チョコの高カロリーランキング!

1袋の平均カロリーは約217kcal、最高値と最低値とでは150kcalほどの差、内容量は倍ほどの差がありました。

最高カロリーは『GABA(ギャバ)』!

今回チェックした銘柄でもっともカロリーの高い商品は、江崎グリコの『GABA(ギャバ)ミルク』『同ビター』が1袋295.8kcal(51g)でした。登山やハイキングなどの携行食として小袋チョコを選ぶ際には、総カロリーが高めの本品がちょうどいいかもしれませんね。ちなみに、これ小袋と呼ぶにはやや大きかな〜って感じのスタンドパウチ版。以前はフラットパウチ版(42g / 239kca)をよく見かけたのですが、mitok編集部近辺のコンビニでは行方不明に(どこいった?)。

改めて上位5銘柄を並べておきましょう。

  • 1位|江崎グリコ『GABA〈ミルク〉』295.8kcal
  • 1位|江崎グリコ『GABA〈ビター〉』295.8kcal
  • 3位|森永製菓『シールド乳酸菌チョコレート』272.0kcal
  • 4位|江崎グリコ『LIBERA〈ミルク〉』262.0kcal
  • 4位|江崎グリコ『LIBERA〈ビター〉』262.0kcal

最低カロリーは『乳酸菌ショコラ』!

今回チェックした銘柄でもっともカロリーの低い商品は、ロッテ『乳酸菌ショコラ(ボール)』で1袋141kcal(26g)でした。内容量が26gですからね。量が少ないから総カロリーも低い、というわけです。小袋チョコを一気に食べちゃう系の方は、本品を選んでおくのが無難かも!?

本当に高カロ・低カロのチョコはどれ?

今回チェックした商品の10g単位の平均カロリーは約56.4kcal。実はどの商品も大して差はないんですよね。なので、量が多い商品ほど1袋の総カロリーは高くなるわけです。

この10g単位カロリーで見ると、最高カロリーは不二家『魔法のミルキーチョコレート(マーブル)』で60.3kcal /10g。効率よくカロリーを摂りたいならおすすめ。一方、最低カロリーは明治『おいしいoff 砂糖ゼロ』で49.4kcal /10g。乳酸菌も含まれているので、なんとなくヘルシー面で気を使いたい人にはいいのかも。

*    *    *

最後に余談。mitok編集スタッフに日頃どの小袋チョコを選んでいるのか聞いたところ、ガルボ派が多数でした。だいたいの理由は「なんとなく目につきやすい位置にあるから」「腰をかがめないで済む位置にあるから」。そんなものなのでしょうか!