安いこま切れ肉を2分でやわらかプリプリ食感にする方法

お料理をする時、お肉の下ごしらえってどうしてますか? お肉の種類や部位によって、筋を取ったり塩を揉み込んだり、より美味しく仕上げるためには事前の下準備が不可欠ですけど、こういう作業って地味~に面倒。気にせずそのまま調理しちゃうって人も多いのでは?

そんな方にオススメしたいのが、スーパーの格安こま切れ肉を2分で極上柔らか食感にする簡単下ごしらえ方法。中華料理でのお肉の下ごしらえ方法を簡略化した、牛・豚共通で使えるテクニックなんです。炒め物などにどうぞ!

用意する材料はたったこれだけ!

必要な材料はお好みのお肉に加えて、片栗粉、酒、塩胡椒のみ。今回は豚こま肉を例にしてご紹介いたします。

豚肉200g当たり、酒大さじ1ほどを加え、塩胡椒を軽く振ります。お酒の水分が染み込むぐらいに軽く揉み込んだら、続けて片栗粉を大さじ2ほどまぶしましょう。お肉の表面全体が真っ白に近くなるぐらい、たっぷりめにいってOKです。

片栗粉がお肉全体に絡むように、よく揉み込みます。揉むのが面倒な場合は、お肉が崩れないように注意しながらお箸などでよくかき混ぜるだけでも大丈夫です。本格的に下ごしらえするなら溶き卵や油も加えたり、料理に応じて更に味を整えたりするところですが、とりあえずはこれだけ覚えておけば十分!

中華メニューや簡単野菜炒めなどにオススメ!

あとは好みのメニューでお肉を料理に使うだけ。今回は豚肉とキャベツと卵の簡単な炒め物を作ってみました。

いざ実食してみると、いつもの安い豚こま肉が普段の二割増しぐらいに柔らか食感になってる……! 片栗粉が旨味を閉じ込めて味わいも濃くなってるし、加熱することで生じるお肉の縮みも最小限に収まっています。なにより、少しぐらい焼きすぎてもほとんどお肉が硬くならず、プリプリの食感を維持してくれるのが嬉しいポイント!

余り物でさっと作る野菜炒めでも一段上の美味しさに仕上げられる、超簡単なざっくり下ごしらえテク。たった一手間かけるだけで全然違う食感になるので、料理が苦手な方もぜひ試してみてください!