ペットボトル飲料の高カロリーランキングを作ってみた|2017秋

ペットボトル飲料のカロリーランキングをこさえてみました。

コンビニで500mlクラスのペットボトルを買う機会は多いかと思います。炭酸モノだったりカフェものだったりフルーツものだったり。ここでは甘味系飲料をピックアップし、1本分の総カロリーを並べてみました。日頃、愛飲しているアレはどんなもんですかね!?

 

チェックした商品について

今回チェックしたペットボトル飲料は500ml前後のジュース・カフェなどの甘味系が対象。商品は、主要コンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)に行けばだいたい買えると判断したものを、mitok編集部の周辺店舗を対象にピックアップ。カロリーはペットボトル1本分が基準、メーカー公式サイトまたはパッケージ記載の情報をもとにしています(2017年11月6日時点)。

ペットボトル飲料の高カロリーランキング

今回チェックしたペットボトル飲料の平均カロリーは約150kcal(434ml)、中央値で約165kcalというところ。

最高カロリーは『デカビタC ダブルスーパーチャージ』245kcal

今回チェックした商品でペットボトル1本分のカロリーがもっとも高かったものは、サントリーフーズ『デカビタC ダブルスーパーチャージ』で245kcal(500ml)でした。100mlあたりでは49kcal。過去に何度かチェックした際もやはりトップ。500ml級のペットボトルでは、高カロでも245kcalあたりが上限という認識でいてもよいかも。

改めてトップ5をまとめておきましょう。

  • 第1位|デカビタC ダブルスーパーチャージ|245.0kcal
  • 第2位|BOSS とろけるカフェオレ|235.0kcal
  • 第3位|コカ・コーラ レモン|230.0kcal
  • 第4位|コカ・コーラ|225.0kcal
  • 第4位|カルピスウォーター|225.0kcal

なんとなくカロリーの塊的なイメージのあるコカ・コーラは225kcal(45kcal /100ml)で第4位でした。

カフェ系の最高カロリーは『BOSS とろけるカフェオレ』235kcal

非炭酸飲料、カフェ系飲料の中では、サントリーフーズ『BOSS とろけるカフェオレ』が235kcal(500ml)で最高カロリーでした。この商品、ラベルに栄養成分表示がないんですよね。カロリーなどを気にする人は買いにくいかも(スマホでメーカーHPを見ればすぐにわかりますけど&非表示理由はこちら)。食品表示法では栄養成分表示が義務付けられていますが、加工食品については2020年3月31日までが移行経過措置期間となっているようです。

改めて非炭酸飲料のトップ5を抽出してみました。

  • 第1位|BOSS とろけるカフェオレ|235.0kcal
  • 第2位|カルピスウォーター|225.0kcal
  • 第3位|小岩井 ミルクとコーヒー|210.0kcal
  • 第4位|午後の紅茶 ミルクティー|185.0kcal
  • 第5位|ブレンディボトルコーヒー 挽きたてカフェオレ|185.0kcal

ついでに余談。ペットボトルの栄養成分表示はだいたいが100mlあたりの数値です。1本分のカロリー値ではない点に軽くご注意を。写真のコカ・コーラのように、1本分のカロリーを記載している商品もたまにありますよ。

*    *    *

最後に簡単なまとめを。だいたいの目安として参考にしていただければと思います。

  • 最高カロリーは『デカビタC ダブルスーパーチャージ』245kcal(49kcal /100ml)
  • カフェ系のトップは『BOSS とろけるカフェオレ』235kcal(47kcal /100ml)
  • 甘味系ペットボトルの平均カロリーは約150kcal(434ml)、中央値で約165kcal

以上、ペットボトル飲料のカロリーランキングをお届けしました。お好きな銘柄をお楽しみください!