「フライパンでパスタを蒸す方法」を試したら塩無し&水少量でもおいしい食感になった

蒸しパスタ」というパスタの調理法をご存知でしょうか。以前、日本テレビ系『所さんの目がテン!』(2016年5月8日放送回)で紹介されていたものです。

パスタといえば普通は塩を加えてたっぷりの水で茹でて……と作るものですが、このレシピは少量の水で蒸すだけのお手軽さ。しかも普通のパスタが高級パスタのような食感に変身すると評判なんです。実際試したところを改めてご紹介させていただきます!

 

用意するのはパスタとフライパンとフタと水だけ!

一人前の分量で用意する材料はパスタ100g、水400ccのみ。あとはフライパンとそのフタ、あればお好みのパスタソースもあらかじめ準備しておくとベターです。

まずはフライパンに400ccの水を注ぎ、強火にかけて沸騰させます。

沸騰したお湯の中にパスタ100gを半分に折って投入。フタをして引き続き強火にかけ、パスタを蒸していきましょう。

しばらくするとフライパンの中がブクブクと泡で満たされてくるので、このタイミングで焦げ付かないよう中火に落としておきます。あとは引き続き、使用したパスタの標準茹で時間まで加熱。ほぼ水分が飛んだ状態になったら引き上げましょう。多めに水分が残った場合、弱火か余熱でもうちょい蒸して水気を飛ばしておくと、より美味しく仕上がりますよ。

簡単調理でソースがよく絡む良食感パスタに!

じっくり蒸すことで水気がほとんど飛ぶので、ザルで切る必要もなし。そのままお好みのソースと炒めたりして、お皿に移せば完成ですね。番組によると、パスタに少量の塩を加えたり多めのお湯を使っても、実は食感にはほぼ影響ナシ。一方で蒸し調理をした場合、一度水中に流れ出た糊化したデンプンが最終的にはパスタに戻ることで、表面がざらついた仕上がりに。伝統的なブロンズダイスで作ることで表面に細かい凹凸を付ける、高級パスタに近い状態になるんです。

市販のアラビアータソースを加えて食べてみると……普段よりソースの絡みが良く、一体感がある口当たり! パスタ自体もいつもよりなめらかな食感で、心なしモチモチ感もアップしてるかも。ちょっぴり生パスタに近い感じですね。

加熱する時間は若干長くなりますが、沸騰させる水の量がぐっと減るので、光熱費的にも地味~に良さげな調理法。はっきりと違いが分かる仕上がりになるので、格安品のパスタを買ったらぜひ試してみてください!