話題の「炭酸水でふわふわパンケーキ」は試してみたほうがいい

パンケーキをふっくらと焼く時に加えるものといえば重曹やベーキングパウダーですが、最近Twitterで話題になった方法によりますと、実はある意外な材料を足すことでもフワフワに仕上がるらしいんです。

マヨネーズを入れるとふんわり仕上がるのは一応知ってたけど、重曹を炭酸水で代用できるとは! とビックリした人も多そうなアイデアレシピ。うまく焼けば、まるで絵本の「ぐりとぐら」に出てきたような分厚いパンケーキに仕上がるようで……実際に試したところを改めてご紹介させていただきます!

 

牛乳ナシでも美味しく仕上がる!

用意するものはパンケーキミックス150g、炭酸水150cc、マヨネーズ大さじ2、卵1個のみ。牛乳その他、いつものパンケーキで使うような材料はなくても大丈夫です。

まずは大きめのボウルに卵を割り入れ、マヨネーズと炭酸水を投入。泡立て器などでよく混ぜ合わせると……

こんな感じですぐにブクブクと泡立ってきます。

十分に泡立ったらパンケーキミックスを追加。ダマを気にしすぎず、なるべく軽めに混ぜ合わせておきましょう。

これをフライパンやお鍋に注いで、フタをして弱火で焼きます。時間が経つにつれ、じわじわと膨れ上がってくるので、納得がいくところまで膨らんだらフライ返しなどで裏返しましょう。

加熱時間の長さは調理器具による印象で、焼き加減はちょっぴり難しめ。今回はテフロン加工のフライパンで調理しましたが、ごく弱火でじっくり10分ほど加熱してから、ようやく表側の水分が落ち着いて裏返すことができました。焼きすぎて焦げ付かないようご注意を。

無事に裏返せたら、あとはフタなしで表側も軽く加熱すればOK。お皿に盛って完成です!

コツをつかめば更にフカフカに!

使ったフライパンが大きめだったこともあり、期待していたような分厚さまでは膨らみませんでしたが……普通に作った場合と比べたら、かなりしっかりとした膨らみ具合! マヨネーズを使うことで牛乳がなくても優しいコクが出て、お味もバッチリ美味しく仕上がるんです。

分厚く仕上げたい場合は、なるべく小さめで深型の鍋を使い、ごく弱火で慎重に焼き加減を見守りながら、裏返すタイミングを見極めるのがポイントになりそう。実はステンレスの雪平鍋で作ったところ、裏返す時に崩して一度失敗しちゃいまして……料理苦手派にはちょっとコツが要る印象ですが、フカフカ系パンケーキが好きな方は試す価値アリのレシピですよ!