ズボラ旨い「肉まんスープ」をピザまんで試したら……OKだった

インターネットでたびたび話題になっている「肉まんスープ」というズボラすぎる簡単レシピをご存知でしょうか。

お好みのスープにコンビニやチルドの肉まんをまるごと投入! たったこれだけで、ロシアの水餃子・ペリメニのような口当たりの旨味スープに仕上がると評判なんです。コレ、肉まん以外の中華まんでも美味しく仕上がるんでしょうか?

 

用意する材料はこれだけ!

材料は肉まん1個、鶏がらスープの素or中華スープの素小さじ1、お湯150ml程度、お好みでおろししょうが少々。肉まんは冷凍食品ではなく、コンビニのホットスナックやスーパーのチルドパックのものを使うのがおすすめです。

まずは耐熱容器にお湯150mlを注ぎ、鶏がら又は中華スープの素を小さじ1ほど溶かします。お好みでおろししょうがをチューブで1,2cm程度プラスするのもおすすめです。

ここに肉まんを乗せます。今回はファミリーマートの『熟成生地の本格肉まん』を使用しました。

これを軽くレンジでチンします。チルド肉まんなら規定の時間だけ加熱すればOKです。お湯に入れる前にあらかじめ肉まんだけチンしたり、肉まんの上からお湯を注ぐといった作り方もありますが、レシピの細部はお好みで問題ありません。

まったりトロウマな食感スープ……変わり種中華まんでもハマる!

水分を吸ってプルプルふにふにの食感になった肉まんから、たっぷりの餡が溶け出してとびきり濃厚なスープに変身! ふわっふわの口当たりと優しい旨味がハマること……。とりあえず肉まんで作るのは鉄板だと思います!

お次はファミリーマートの『チーズたっぷり熟成生地のピザまん』で試してみました。これが甘酸っぱいトマトソースとチーズのとろ~り感が加わって、相当こってり美味な洋風スープに! ちょっとジャンクフード感が強いですけど、中毒度の高さでいえばかなり危険なレシピかもしれません。

最後はローソンの『釜焼チャーシューまん』でトライ。生地がふっくら分厚いのでお湯を200mlに増量しました。醤油ダレのような餡が意外と中華スープに好相性で、肉厚で香ばしいチャーシューと生地のボリュームで満腹感もひとしお! おそらくコレ、角煮まんなどで作っても確実にウマくなるやつです……。

余らせて生地が固くなってしまった中華まんの再利用法としても重宝する簡単レシピ。意外と色々な中華まんとマッチするので、肉まんだけじゃ飽きてきたら他のテイストでもぜひ試してみてください!