塩漬けビーフ「塩牛」は作ってみると応用がきくベンリ料理だった

コストコの精肉売り場で一際目をひく肉、アメリカンビーフ。1キロ以上の牛肉がドーン!と並ぶ売り場は壮観です。

日本向けにカットされた米国産牛肉。コストコでは、USDA(米国農務省)により格付けされた “チョイス” という等級のお肉を主に扱っています。塊だけ見ると用途に迷ってしまいがちですが、お肉ごとに焼肉、しゃぶしゃぶ、ステーキなど用途が紹介されていて、迷うことなくお肉を選べるのも嬉しいポイントです。今回は、焼肉店で希少部位と紹介されることもある赤身肉『ビーフテレスメジャー(ウワミスジ)910g』(359円 /100g)を購入してみました。

この「ウワミスジ」は焼肉店で希少部位と紹介されることもある、赤身肉。牛の前足の上部分で肩の裏側にある肉で、赤身ながら適度に脂もありレア〜ミディアムレアで食べると美味しい部位です。消費期限が短く食べきるのが大変なコストコのお肉ですが、今回は、調理後2〜3日は日持ちするレシピをご紹介します。

「塩牛」は応用できすぎの優秀アイテム!

材料(750gの肉に対して)

  •  大さじ3
  • 砂糖 大さじ1

塩・砂糖を肉に擦り込みます。すぐに肉が汗をかいたように濡れてきます。

そのまま、保存バッグへ。中の空気をできるだけ抜くようにして、冷蔵庫で1〜2日寝かせます。

寝かせておいた肉を冷蔵庫から出し室温に近づけ、肉がかぶるくらいの量のお湯で茹でます。弱火で、じっくりと1時間ほど茹でていきます。

茹で上がったものがこちら。長かったお肉がすこしキュッとしました。

切ってみると、こんなかんじです。中心部まで火が通っていますが、柔らかい肉質のため肉に硬さは感じません。塩豚や茹で鶏のイメージで、スライスして召し上がれます。

食べごたえがあるよう、すこし厚めにカットした肉と野菜のサンドウィッチは絶品です! 噛むたびに肉の旨味がじわ〜と胃に沁みます。(写真のサンドはもへじの旨たれで味付けしました)

こちらは、2cmくらいの厚みにカットしたものを手で細く割いたもの。実はこれ、自家製コンビーフなんです。焼肉のたれでササッと和えてからご飯に乗せ、さらに生卵の黄身をあわせると本当に美味! ぜひ、お試しください。