秒速でゆでたまごの殻を剥く荒ワザ

ゆで卵の殻、どうやって剥いてますか? 普通に熱湯で茹でてそのまま剥こうとすると、どうしても殻が薄皮や白身を巻き込んでしまい、綺麗に剥きづらいのが困り物ですよね。

ということで今回は、秒速でゆで卵の殻を剥く方法を、2種類ほどご紹介。様々な方法がある中から、わりとよく知られている定番の剥き方と、あるグッズを使う一風変わった剥き方とを試してみました!

 

方法①|流水を当てながら剥く

おすすめ度 ★★★☆☆

まずは卵を茹でておきましょう。なるべく剥きやすくする基本のポイントとして、お湯が沸騰してから卵を入れて、茹で上がったら冷水に浸けておき、冷えてから剥きはじめるのがおすすめです。

わりとよく知られている剥き方は、「殻を剥いた部分に流水を当てながら剥く」方法でしょうか。手順は簡単、冷水で熱を取ったゆで卵にヒビを入れ、軽く殻を剥いたところに蛇口の水を注ぎながら手で剥くだけです。

所要時間はざっくり30秒前後。殻との間に水が入ることで、スルッと剥きやすくなるんです。白身を巻き込んで失敗する危険も最小限に抑えられますよ!

方法②|ガムテープを巻いて剥く

おすすめ度 ★★★★☆

ここからは少し変わった剥き方をご紹介。ゆで卵に加えてガムテープなど、粘着力が強いテープを用意します。

卵が一周する程度の長さにテープを切って、ぐるりと卵を巻きます。包み込むような感じで、しっかりと殻に貼り付けてみてください。

たいらな部分にコツコツと当て、テープの上から殻を細かめに砕きます。

テープを剥がすと、粘着面に砕けた卵の殻がびっしり! ベリベリッと一気に剥けていき、なかなか爽快感があるんです。ちなみに、こちらの所要時間は40秒程度。テープを巻く一手間でロスしちゃいましたが、剥いた皮が飛び散らずにテープごと捨てられるのは便利ですね。

こちらの方法は、殻を手で剥くのが苦手な方や、殻を一気に捨てたい場合に便利。チマチマと殻を割るのに飽き飽きしてる方、ぜひどうぞ!