ティーバッグ紅茶をおいしくするちょっとした裏ワザ

日々の休憩時間にほっと一息入れる時に便利な、ティーバッグタイプのお紅茶。スーパーに売ってる大容量タイプの安い紅茶だと、あまりお味は気にせずにグビグビ飲んでしまいがちですが、実は簡単に美味しく紅茶を淹れる方法があるんです。たびたびネットでも話題になっています。

使うものはずばり電子レンジ。茶葉や淹れ方、蒸し時間などにしっかりとこだわっていただく方法にはかないませんが、安いティーバッグ紅茶を手軽に美味しく飲みたい時にはおすすめです!

 

お湯から淹れて電子レンジでチンすると…

この方法であらかじめ注意しておきたいポイントは、ティーバッグに付いたホッチキス。レンジは金属の加熱がNGなので、ホッチキスが紐の部分やティーバッグの口の留め具になっていた場合、事前に取り外しておきましょう。

ホッチキスを取り外したティーバッグをマグカップに入れたら、お湯を注ぎます。沸騰してすぐの熱湯を淹れるとベターです。

これを200~300W程度の電子レンジで30秒ほど温めます。レンジ弱か解凍モードを使うとちょうどいいかと。レンジから取り出して、1分ほど置いたら完成です。

コレが普段のようにざっくり淹れた場合と比べると、渋味が取れてまろやかな味わいになっているのが実感できるんです! かなり濃いめの色に出ますが、意外と濃くなりすぎず、バランスの良い風味に仕上がります。

淹れ方の好みは個人差が大きいので一概に言えませんが、特にこだわりなく格安紅茶を良い感じにいただきたい時、試してみてはいかがでしょうか。