プッチン不可能プリンをきれいに出す方法を試してみた

カップ入りのプリンをお皿に出す時ってどうしてますか? グリコのプッチンプリンみたいに、底に穴を空けるつまみが付いている商品でしたらラクに取り出せますけど、アレってほとんどのカップスイーツには付いてませんよね。

カッププリンを簡単にお皿にあける方法があるというので試してみました。SNSで話題になったりテレビ番組などで紹介されたりと、わりと知られているテクニックのようですが、確かに……役立った!

 

 プリンを持ったまま回転すると…?

用意するのはカッププリンと、適当なサイズのお皿だけでOKです。

プリンのフタを剥がして、お皿の上に裏返して置きます。

手でプリンと器をしっかりと固定します(写真では片手ですが、安全のためになるべく両手で)。手に持った状態のまま、右か左どちらかの足を軸足にしてその場でクルッと一回転ターンしましょう。コツは脇を締めてサッと素早く、勢い良く軸足を中心に身体全体を回す感じ。フローリングの床で靴下を履きながらだとやりやすいですね(周囲の物や転倒に注意)。

たったこれだけで、遠心力でプリンが歪み、容器とのあいだに空気が入って、ストンと簡単にお皿へと落ちるようになるんです。抹茶プリンや各種ゼリーなど、ゆるめのカップスイーツには広く使えるので、おやつタイムがてらお子さんと一緒に試してみると楽しいかもしれませんよ!