トルティーヤで「食べられるカップ」を作る方法

メキシコ料理に登場する薄焼きパン、トルティーヤ。タコスの皮、といえばイメージしやすいでしょうか。トウモロコシの粉で作られるものが主流ですが、小麦粉で作ったものも人気。コストコでは『フワラートルティーヤ』として冷凍食品コーナーで販売されています。

10枚入り袋が4個で1,328円。かなりお買い得です。ただ、冷凍保存できるとはいえ、40枚分ものタコス……日ごろ食べる習慣がないと購入を躊躇いますよね。そこでちょっと変わった消費方法「トルティーヤカップ」をご紹介しましょう。

 

 巻くだけじゃない! おいしい&楽しいアレンジ「トルティーヤカップ」

オーブンを使用して、トルティーヤを焼いてトルティーヤのカップを作る方法をご紹介しましょう。中にいろいろな物を詰めて、自分なりのアレンジを楽しんでみてくださいね。

まずは、トルティーヤの皮を1/4にカットします。

アルミホイルを8cm程度切り出し、細長く折りたたんでリングを作ります。その中へ、1/4にカットしたトルティーヤをカップ状になるよう優しく折りたたみながら差し込みます。

オーブンの天板の上へ写真のように並べていきます。

180℃で5分ほど、皮がこんがりとキツネ色になるまで焼き上げます。粗熱が取れたら、完成! 中へ好きな具材を詰めていきましょう。

写真は、ハンバーグ&チーズとナポリタンスパゲティを詰めたもの。トルティーヤはちょっぴり塩味が効いていて、パイ皮のようなパリパリ食感が特徴で、洋食によく合います。見た目もファンシーに仕上がるので、友人が集まる気取らないホームパーティにオススメです。

特にオススメなのが、アイスクリームです。トルティーヤカップのパリパリ感とアイスクリームのコラボがクセになりそう!

フィンガーサイズのキッシュも作れちゃう!

カップを応用すると、キッシュも作れます。

材料(トルティーヤ2枚分)

  • フラワートルティーヤ 2枚
  • たまご 2個
  • 牛乳 60ml
  • 溶けるチーズ 大さじ4
  • ベーコン 2枚

トルティーヤを上の手順でカップ状にし、中に材料を混ぜ合わせたものを詰めます。これを天板に並べ、焼き上げます。ベーコンは別に炒めておき、盛り付けの最後に乗せるとカリカリ食感に焼き上がりますよ。

180℃のオーブンで13〜15分ほど焼けば完成! オーブンの機種によって焼き上げ時間が異なるので、トルティーヤがキツネ色になったら焼き上がりの合図としてください。チーズ多めのレシピなので、食べるとトルティーヤがカリッ! 中からチーズがトロ〜ッと出てきて楽しいですよ。