昆布を素揚げにするとパリパリ美味おつまみになる

昆布は素揚げにしてもおいしいんです。

昆布と塩と油さえあればすぐに作れる、超簡単なおつまみ系レシピをご紹介しましょう。晩酌用にサッと用意できる一品として、覚えておいて損ナシ!料理好きタレントのタモリさんがテレビ番組で作り方を披露したことも。以前にご紹介したレンチン昆布よりも、素揚げ昆布のほうが安定感がある感じですね〜。

 昆布を切って揚げるだけ!

まずはお好みの量の昆布を食べやすい大きさにカットします。

フライパンにたっぷりの油を180℃程度まで加熱したら、ここに昆布を投入します。かなり油はねが激しいので、なるべく油はね防止ネット(リンク)などを用意しておきましょう。揚げるのはほんの数十秒、繊維が広がって軽く色が変わってきたら、すぐに油から上げてしまってOKです。

揚げすぎると黒く焦げて味が落ちてしまうのでご注意を。お皿などに盛ったら、上からお好みの量のお塩をパパっと振りかけていただきましょう。

揚げた昆布はパリッとして、ポテチのような軽やか食感。そのあと舌の上でしっとりと溶けて、凝縮された昆布の旨みがじわっと口中に広がります。適度な塩味と相まって、なんともお酒がはかどること……。余った昆布を揚げるだけですぐ食べられるので、冷蔵庫におつまみがない時にでも、ぜひ試してみてください!