コンビニ100円カット野菜で作る「お好み焼き」がカンタンうまい

野菜が高騰中の時期、頼りになるのはコンビニのカット野菜ですよね。一人暮らしでも余らない使いきりボリュームで、安く品目数を摂るのにも便利。最近は冷凍品の『肉入りカット野菜』なんて商品も販売されていて、消費期限も気になりません。

ただ、単品で使うとサラダや野菜炒めや他の料理のちょい足し以外のレシピに困るのも事実ですよね。インスタント麺のトッピングにするのも飽きてきますし。一人暮らしのズボラ飯用に、手軽なアレンジレシピを探してる方も多いのでは?

ということで今回は、カット野菜で簡単にお好み焼きを作る方法をご紹介。カット野菜以外はほぼ常備系の調味料だけで済む、満足度高めの安うま手抜きメシです。カット野菜は生でも冷凍カット野菜でもOKですよ! お好みのカット野菜でぜひ試してみてください!

卵と片栗粉を混ぜて焼くと、簡単お好み焼きに!

用意する食材はお好みのカット野菜(1パック)、卵(1個)、片栗粉(大さじ3)、和風だしの素(小さじ1)、塩(少々)。今回はセブン-イレブンPBの『肉入りカット野菜』(税込108円・130g)を使用しました。

まず、必要であればカット野菜の下ごしらえから。冷凍品ならレンジ加熱で解凍して水分を切っておき、スライスが粗めの商品でしたら一応細かめにカットしておくのがおすすめです。

次に、カット野菜を含む全ての材料をボウルなどに入れてよくかき混ぜます。カット野菜のボリュームに合わせて、卵(1個)と片栗粉(大さじ3)の量は調整してみてください。千切りキャベツなどは嵩が出るので、卵2個は欲しくなる印象です。

油をひいて加熱したフライパンに、材料を注ぎ入れます。片面あたり1~2分、軽く焼き目が付いて固まってきたら、すぐにひっくり返してOKです。あとはお皿に盛って、お好みのトッピングを加えていただくだけ!

気になる食感は意外とちゃんとお好み焼き!特に『肉入りカット野菜』は品目数が多く、少ないながらも豚肉入りで、食べごたえと旨味は十二分!

コスパ重視ならモヤシを1袋丸ごと使ってもいいですし、千切りキャベツパックでもシャキシャキモチモチの食感に仕上がります。安うま便利なヘルシーお好み焼き、ぜひお試しを!