餃子とレトルトシチューで作るグラタンはかんたん美味でおすすめ

コストコの冷凍食品コーナーでひときわ目を引く『bibigo水餃子』。コストコ愛好者の間ではだいぶ浸透している人気商品です。韓国のメーカーが作っているので韓流の味付けなのかな? 辛いのかな? と思いきや、肉とニラのバランスが良いシンプルな味わいが特徴です。

一口サイズのミニ餃子が80個入りという高コスパ系食品。さまざまなアレンジを覚えておけば、より美味しくいただけます。今回は「餃子のミニグラタン」をご紹介しましょう。

ニラの風味でコクUP! ミニ餃子のグラタン

材料(1皿分)

  • 水餃子 15個程度(容器に合わせて適宜調整)
  • レトルトクリームシチュー 1袋
  • 溶けるチーズ 適宜

水餃子を耐熱容器に入れ、大さじ2杯程度の水と電子レンジに1分40秒ほどかけ、餃子の中まで火を通します。お湯で茹でても良いですが、レンジで加熱した方が皮の食感が残ってアクセントになります。

グラタン皿に加熱した水餃子、レトルトシチュー、溶けるチーズをかけ、ラップをせずにレンジで1分ほど加熱。チーズがざっくり溶ける程度に火を通します。

魚焼きグリルまたはトースターで、表面がきつね色になるまで焼き色をつければ完成です! ニラと野菜の甘み、肉の旨味がホワイトソースにマッチしています。意外な組み合わせですが、違和感は全くありません。水餃子が、肉詰めパスタのラビオリのような食感でボリュームもあり相性抜群!

中華料理の代表格である餃子ですが、洋風アレンジでもバッチリおいしく、違和感もありません。レトルトクリームシチューとチーズさえあれば、手の込んだ洋食グラタンにパッと変身するこのメニュー、ぜひ試してみてくださいね!