成城石井のPB食品『プーパッポンカレー』は蟹の旨みがとにかくガッツリ

成城石井で販売されている『旨味たっぷりピリ辛プーパッポンカレー』はご存知でしょうか?

「プー」はタイ語でカニのこと。プーパッポンカレーというと、カニが殻ごとお皿に乗ったワイルドなルックスのメニュー写真を目にすることもありますね。さすがにレトルトでそれはできませんが、カニの旨味はしっかり堪能できます。

成城石井|旨味たっぷりピリ辛プーパッポンカレー|431円

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

成城石井の「ココナッツ風味香るグリーンカレー」は、プレミアムなプライベートブランド「decica」シリーズから発売された一品です。

1袋180g入りのレトルトフードで、お値段は431円。カロリーは1食あたり253kcalとなっています。電子レンジOKなプラ素材のパッケージなので、調理の際は封を切らずに電子レンジ500Wで2分30秒、または熱湯に入れて約5分間温めます。

盛り付けてみますと、見た目はわりと地味なカレー。ただ、ひとくち食べるとカニの旨味ががっつり主張してきます。殻から滲み出るような香ばしさも感じられます。カニの身は視認できませんが、確実にいます(ペーストです)。こだわり素材として紅ズワイガニペーストが10%使用されているとのことで、クセのない上品な旨味です。

辛さはしっかり「辛口」と言える程度ではありますが、辛いだけじゃないのがタイ料理。辛さと同じくらい甘みもあり、それを卵がふんわりまろやかな口当たりにまとめていて、なかなか面白い食べ心地です。具材に見え隠れする赤いものは唐辛子ではなくパプリカなので、噛んでも大丈夫です。

辛さと甘さの攻防のおかげで全体的に結構こってりしているので、パクチーを添えておくといいのではないでしょうか。途中で混ぜて食べるとこってりさがリフレッシュされて食が進みます。あの青臭さが苦手という方も、この組み合わせでなら薬味としていけるんじゃないかと思います。

タイカレーといえば定番はスープっぽいグリーンカレーやレッドカレー。それよりこってり系でボリューム感が欲しい方にはピッタリの一品ではないでしょうか。普通のカレーに飽きた時の変わり種としてもオススメです。

商品情報

■内容量|180g ■カロリー|1食あたり253kcal ■製造者|エム・シーシー食品 ■販売者|成城石井 ■原材料|野菜(たまねぎ(国産)、赤パプリカ、セロリ)、かにペースト、全卵、植物油脂(大豆油、ごま油)、オニオンソテー、チリインオイル、砂糖、ココナッツミルクパウダー、魚醤(魚介類)、オイスターソース、ガーリック、チキンエキス、カレー粉、貝エキス、かにエキス、酵母エキス、食塩、香辛料 / 増粘剤(加工デンプン)、乳化剤、パプリカ色素、(一部にえび・かに・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・魚醤(魚介類)を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。