MENU

アスパラガスはビスマルク風で食べると簡単おいしい

アスパラガスといえば、手頃な価格で購入できる高栄養野菜の代表格。炒めたりベーコンで巻いたりと様々な食べ方がありますが、「ビスマルク風」という調理法はご存知でしょうか。

ビスマルク? 世界史の授業でも習った、あの19世紀ドイツの政治家です。「鉄血宰相」の異名で知られていますが、美食家としても知られた方でもあるんです。ステーキでも何でも目玉焼きを乗せて食べるのが好きだったのだとか。目玉焼き乗せアレンジ=ビスマルク風、ということなんですね。

簡単なのに豪華に見え、しっかりおいしい「アスパラガスのビスマルク風」、さっそくご紹介します。

目次

手早くできてチョイ豪華!「アスパラガスのビスマルク風」

材料(1人分)

  • アスパラガス 5〜8本
  •  1個
  • にんにく 1片
  • パルメザンチーズ 適量
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩・こしょう 適量

作り方

フライパンににんにくとオリーブオイルを入れ、中火にかける。香りが立ったら『冷凍アスパラガス』を入れ、オリーブオイルを絡めるようにしながら焼く。

フライパンの端にアスパラガスを寄せ、空いたところへ卵を割り入れ、目玉焼きを作る。

お湯(50cc)を入れてふたをし、卵の表面が白くなるまで蒸し焼きにする。

皿にアスパラガスを並べオリーブオイル(分量外)をまわしかけ、パルメザンチーズと塩・こしょうをかける。仕上げのオリーブオイルは溶かしバターに替えても美味しいですよ。

上に目玉焼きをのせたら完成! 目玉焼きの黄身をトロ〜リとまとわせながらいただくと、なんともリッチな味わいになります。

生と違って、冷凍アスパラガスの歯ごたえはやらわかです。歯触り重視の方には物足りないかもしれませんが、小さなお子さんや高齢の方でも、アスパラガスと卵の甘〜い味わいを堪能できるひと皿です。ぜひ、試してみてくださいね。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いつでも主婦目線な、2歳・4歳の男児をもつお母さんライター。主に食べ物について、キッチンからレポートをしています。

目次