さばの水煮缶で作る「もやしの甘辛炒め」はご飯にもおつまみにも合う安うまレシピ

日々のダイエットメニュー用食材として、冷蔵庫に何も無いときのための常備用オカズとして、安くて美味しい「さば水煮缶」は地味~に頼りになる商品ですよね。

水煮缶をメインで使う節約レシピとしてオススメなのが、「サバともやしの甘辛炒め」。ご飯に合わせても単品で食べてもOKな、安ウマな一皿に仕上がりますよ!

 

サバともやしの甘辛炒め 調理時間約10分

用意するもの

  • さば水煮缶 1個
  • もやし 1袋
  • ごま油 大さじ1
  •  大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1

さばともやしを炒めながらタレを絡めるだけ!

まずは酒大さじ2、みりん大さじ2、醤油大さじ2、砂糖大さじ1程度をあわせて、タレを作っておきましょう。

フライパンにごま油大さじ1程度を熱して、もやし1袋を投入。ごま油の香りがまんべんなく行き渡るぐらいにさっと炒めます。

ここにさばの水煮を投入して、先ほど作ったタレを注ぎます。水煮缶に入った汁は一応切ったほうが良いのですが、ここはお好みで。

さばともやしとタレを軽く混ぜ合わせ、もやしのシャキシャキ感を失わない程度まで熱したらOK。あまり煮詰めすぎず、残ったタレと一緒にお皿に盛り付けちゃいましょう。

水煮缶とモヤシだけで作れる覚えておきたいラクうまレシピ!

さばは使う水煮缶の内容量によって、増やしたり減らしたり調節するのがオススメ。今回は業務スーパーで売られている190g入りのさば水煮缶を使い、お安くそれなりにボリューミーな一皿に仕上がりました。

特に凝った味付けはせず、シンプルなさば水煮にお家にある調味料で王道の甘辛さをプラス。青魚とモヤシのさっぱり感とヘルシーさを損なわないまま、ご飯やお酒がバッチリすすむ美味しさになってくれます!

他にこれといった食材が何も無くても、手軽でそれなりな一皿が用意できるオススメの節約レシピ。ご飯に乗っけて丼飯っぽくしても、ちまちま単品で食べ進めるおつまみとしてもイケるので、さば缶の使い方に迷ったとき用に覚えておくとはかどりますよ!