個性全開のおいしさ! カルディの袋麺『ポルチーニらぁめん』は麺もスープも上級の出来だった……

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)で販売しているオリジナル袋麺『ポルチーニらぁめん』はご存じでしょうか?

このシリーズ、菊水のおいしい麺「寒干し麺」と旨味スープの組み合わせが常にハイレベルなんですよね。でも、ポルチーニと聞くと、ちょっとやめとこか……って気になるのでは。想像つかないし。失敗したらアレだし。

それ、杞憂です。ポルチーニの香り高いスープは、クセが強いというか、個性が際立っているというか。麺はもちろん、香りもおいしいラーメン、味わってみてもらえればと!

 

カルディ|ポルチーニらぁめん|159円

おすすめ度 ★★★★★

こちらがカルディで販売されているオリジナル麺『ポルチーニらぁめん』。1袋159円(税込)で買いやすいお値段。それにしてもこのシリーズ、次から次へと新商品に代替わりしてしまうのがさみしいんですよねぇ。

中は菊水の寒干し麺とスープの素。この麺がね、おいしいんですわ……。

製造者は、麺が寒干し麺でおなじみの菊水、スープは和弘食品。使われている原材料は以下のとおり。

【原材料】[麺]めん(小麦粉、小麦たん白、食塩、卵白粉末/ソルビット、酒精、かんすい、クチナシ色素)、打粉(加工でん粉)、(一部に小麦・卵を含む)[スープ]肉エキス、たんぱく加水分解物、米発酵調味料、ポルチーニペースト、しょうゆ、食塩、動物油脂、はまぐりエキス、植物油脂、マッシュルームエキス、香辛料/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

調理方法は?

麺の茹でつゆにスープの素を投入するのではなく、スープと麺は別々に調理。おいしい寒干し麺をちゃんと仕上げるために!

  1. 沸騰した水(600ml)で寒干し麺を約4分〜4分半茹でる
  2. 熱湯約240mlを丼にそそぎ、スープの素をよく溶かす
  3. 湯切りした寒干し麺を丼にイン!

寒干し麺もそうだけど、個性の強いスープが旨すぎる

さて、イタリア料理などでおなじみのポルチーニ(茸)を使ったスープのお味とはいったい? ポルチーニスープを使っているせいか、カルディ的におすすめのラーメントッピングは生ハム(もったいなくね!?)とルッコラ等の葉もの野菜。とりあえずmitok編集部の冷蔵庫にあったリーフセットで間に合わせてみました。それにしても……ポルチーニの香りが強い!

そう、これは未体験ゾーンのラーメンスープ。ポルチーニが気高く香ってます! “クセが強い” と言ってもいいレベル。そして、すすってみると……やっぱり強い! 旨い! クセの強い食品は好き嫌いが分かれやすいので、おいしくても★4くらいの評価にとどめているのですが、この個性は★5で問題ないんじゃないかと。どこか磯っぽさも感じさせる醤油と鶏ベースのだしスープが、ポルチーニの香りとよく合うんですよね。サラっとしてるけど、芯の強い濃厚なスープ……おいしい (*´﹃`*)

そしてなにより寒干し麺の細身でコシのある食感&風味! この麺、本当においしいんですよね。これだけ完成度の高い麺なので、スープが美味ならラーメン全体の完成度も高まるというもの。ポルチーニスープと寒干し麺の組み合わせはかなりベストなんじゃないかと思います。

個性的でおいしいラーメンをお探しの方、カルディオリジナル『ポルチーニらぁめん』をぜひお試しあれ!

*    *    *

結論。生ハムは入れなくてもいいんじゃないかと思いました。生ハムを追加で買うくらいなら、『ポルチーニらぁめん』をもう一袋調達するほうがいいかなぁ。