やってもうた! スキレットの2大トラブル「コゲ&サビ」の対処方法、知ってる?

rust01

大事に使っていたスキレットなのに、うっかり焦がしちゃうこと……残念ながらありますよね。ちょっと疎遠になったと思ったら錆びちゃうことも。今回はスキレットの2大トラブル対処法をご紹介します。

ガンコなコゲは浮かせて取る!

普通に洗って落ちないコゲがあっても、せっかく作った油の皮膜を守るため基本的に洗剤は避けた方がベター。焦げ付いた汚れは無理に削らず、お湯で浮かせて落としましょう。

用意するもの

  • スクレーパー(シリコン製のヘラ)
  • 重曹
  • 食用油(サラダオイル、オリーブオイルなど)
  • ペーパータオル(半分サイズでOK)

スタート!

rust02

① 油分や食材などの汚れをできるだけスクレーパーでこそげ落とします。

rust03

② 水を入れて火にかけ、沸騰させます。

rust04

③ コゲが柔らかくなったら火から下ろし、お湯とたわしで洗います。

rust05

④ ガンコなコゲには重曹をふりかけ、湿らせて5~10分程度置き、手順2・3を繰り返します。

rust06

⑤ それでも薄いコゲが残ってしまったら、スキレットを火にかけ空焼きを。ススのように浮いてきたら火を止め、粗熱をとってお湯とたわしで洗います。

rust07

⑤ 最後に油を薄く塗り、弱火で5分加熱して完了です。

次ページはスキレットのサビ取り!