ソーセージを電子レンジでスピード調理する安全な方法! 面倒な熱湯ボイルと食べ比べてみた結果……

ソーセージは電子レンジでも調理できる! というネタが話題になっていたようなので試してみました。普通はボイルするか焼いて食べますが、お湯を沸かすのが面倒だし焼くと意外に時間かかるんですよね。それが電子レンジで済むならお手軽じゃないですか♪

 

おなじみのシャウエッセンで試す

買ってきたのはこちら。どこにでも売っている日本ハムの『シャウエッセン』です。なんでソーセージって2袋セットで売られているんでしょうね。まあいいか。

電子レンジでソーセージを調理する方法

ソーセージはレンチンしたらキケン、というのはみなさんご存知ですよね。レンジで加熱すると破裂してしまう恐れがあるので、要注意です。そこで大事なのが、チンする前に穴を開けておくこと。小さくていいので、爪楊枝などで3〜4ヶ所プスプスっとしておきましょう。お皿に並べてラップをかけ、レンジへ。

加熱時間は500Wなら1本で20秒くらい、1本追加するごとにプラス10秒くらいが目安です。多すぎると加熱ムラが出てしまうので、1回に3〜4本が適当なところでしょうかね。

準備含めて1分以内で出来上がり〜。

破裂せず、ちゃんと加熱されていますね。おいしそ〜! ていうか、おいしいよシャウエッセンだから。レンチンでソーセージ、問題なさそうです。おかずがちょっと物足りないから2〜3本添えたい、なんて時には便利な小技。覚えておいて損はないですね。

ただし、フォークを刺すと爪楊枝で開けた穴から脂が飛び出ることがあるので、ご注意ください。あぁ…春物のニットが……(;ω;)

「黄金の3分間ボイル」のほうがおいしい?

レンチンでもいけるシャウエッセンさんですが、「おいしい召し上がり方」としてオススメされているボイルとはどう違うのでしょうか。

「黄金の3分間ボイル」がえらい強調されているので気になって試してみました。せっかく2袋あるし。

お湯を沸かすのに4〜5分、弱火にしてソーセージを入れて3分。。。やっぱり時間かかりますねえ。

できましたー。

プリッと感はボイルの方が上みたいですね。お味のほうは……。

あ。。これ味は同じだけど食感に差があるかも。肉と脂がよく馴染んで全体的に肉肉しさが増している感じです。「お湯で」「時間をかけて」加熱することにはやっぱり理由があったんですね。

ということで、「黄金の3分間ボイル」はやっぱり黄金でした。でも、銀でもいいやって時にはレンチンでも全然イケるので、状況に合わせて使い分けたいと思います。