ダイソーの100円コーヒーが意外なほどハイレベル! ドリップバッグ3種を飲み比べてみた

100円ショップの代表格「ダイソー」はコーヒーにかなり力を入れているようで、自社ブランド「DAISO CAFE」のドリップバッグを何種類も出しています。その実力はどんなものなのか、3種類を飲み比べてみましょう。

 

DAISO CAFE のドリップバッグ

DAISO CAFEシリーズのドリップバッグは、ダイソーなだけに、お値段はすべて108円(税込)。ただし、『スペシャルブレンド』と『モカ・ブレンド』は5パック入りで、『オーガニック』は3パック入りという点にはご注意を。

またドリップバッグは個包装されていませんので、開封したらなるべく早めに飲みきってしまうのがよさそうです。毎日飲むなら、さほど気にしなくてもOKですね。

ダイソーカフェ スペシャルブレンド(5パック / 108円)

味の傾向

  • 苦味 ★★★★☆
  • コク ★★☆☆☆
  • 甘味 ★☆☆☆☆
  • 香り ★★★☆☆
  • 酸味 ★★☆☆☆

苦味と香りが立った、シャープな味わいです。コクや甘みは控えめで、すっきりしたコーヒーになっています。酸味も少なめで、日本人好みのブレンドですね。

生豆生産国は「ブラジル、ベトナム、他」。ベトナムの安価で苦味が強いロブスタ種の豆を、うまくブレンドしているのだと思われます。

ダイソーカフェ モカ・ブレンド(108円 / 5パック)

味の傾向

  • 苦味 ★★★☆☆
  • コク ★★☆☆☆
  • 甘味 ★★☆☆☆
  • 香り ★★★☆☆
  • 酸味 ★★★☆☆

スペシャルブレンドに比べると、酸味と甘みを感じます。「モカならでは」とまでは行きませんが、それなりにフルーティで華やかなテイストだと言えるでしょう。今回テストした3種では、最もバランスが取れた味わいになっていると感じました。

生豆生産国は「エチオピア、インドネシア、他」。なお「モカ」というのは、基本的にはエチオピア豆のことですね(イエメン産も含みますが、生産量が少ないため、安価なブレンドではあまり使われません)。

ダイソーカフェ オーガニック(108円 / 3パック)

味の傾向

  • 苦味 ★★☆☆☆
  • コク ★★★☆☆
  • 甘味 ★★☆☆☆
  • 香り ★★★★☆
  • 酸味 ★★☆☆☆

名前のとおり有機栽培で作られた豆です。パッケージには、しっかり「有機JASマーク」がプリントされていますよ。他が5パック入りで、これは3パック入りということで、一杯あたりで見るとちょっと高めですね。

他の2種と比べると苦味がマイルドで、独特の香りがあります。この香りをどう感じるかで、評価が変わってきそうですね。フルーティな香りの奥に土臭さがあり、好みが分かれるかもしれません。

生豆生産国は「ペルー」。ペルー豆のみを使っているところが面白いところ。ペルーはあまり有名な産地ではありませんが、それだけに値段の割にクオリティが高いイメージがあります。

どれを選んでも損なし! カフェインレスも秀逸!

3種とも一定のレベルはクリアしており、値段を考えればどれを選んでもハズレということはありません。3種ともどちらかというとバランス型で似通った味なので、もうちょっと個性的な豆もあると面白かったかも!?

2017020629

今回は対象に含めませんでしたが、ダイソーのドリップバッグには『ダイソーカフェ カフェインレス』もラインナップされています。こちらもカフェインレスとしてはかなりおいしく、オススメなんです。