とろ〜り半熟たまごの作り方! ダイソー『エッグタイマー』を使うと失敗しないぞ

ダイソーの調理グッズコーナーを物色していると、なんか便利そうだな〜と思わせるものがいっぱい。中でも気になったのは『エッグタイマー』なるもの。ゆで卵をお好みのゆで加減に調整できるグッズです。

試しに使ってみたら、確かに狙ったとおりにとろ〜り半熟たまごが出来上がり。経験の積み重ねによるゆで具合の勘とか持ってない人(mitok編集スタッフ)には便利なアイテムなのでは?

 

ダイソー『エッグタイマー』108円

こちらがダイソーで販売している『エッグタイマー』。おひとつ108円(税込)。おいオマエ、かわいいな!

まぁ、ぱっと見で使い方がわかりやすいのがいいですよね。たまごと一緒にゆでると、おなかの色が……。

パッケージ裏面に記載されている使用方法。なるほど、半生(SOFT)、半熟(MEDIUM)、固ゆで(HARD)の3段階に調整できるわけですね。

それでは使ってみましょう。

たまごと一緒にゆでて色の変化を待つ!

たまごをゆでる際、『エッグタイマー』も一緒に鍋に沈めておきます。水の量はどちらも浸かる程度で。あとは湯温の上昇とともに『エッグタイマー』のおなかのピンク色が徐々に白色に変わっていくんです。

色が変化する時間は湯量等で異なるので、たまにチェックするようにしたほうがよいかと。ちなみに耐熱温度は 120℃ まで。

お? おなかの「SOFT」ゾーンがだいぶ白くなってきましたね。取り出しどきですぞ。

ゆで具合をチェック!

それぞれのタイミングで取り出したゆで卵の具合をチェックし、以下にまとめてみました。すべての環境で同様の仕上がりになるわけではありませんが、ご参考程度にどうぞ。

SOFTレベルのゆで卵は?

SOFTゾーンが白くなった状態で取り出したゆで卵。うわわ、白身はしっかりしているけど、黄身はめっちゃとろ〜り。す、すぐ食べなきゃ!(写真撮ってる場合じゃない)

MEDIUMレベルのゆで卵は?

MEDIUMゾーンが白くなった状態で取り出したゆで卵。あら、ちゃんと半熟。ゆで経験値の低い身には、こういうゆで加減が難しいんですよねぇ。

HARDレベルのゆで卵は?

HARDゾーンまで白色になった状態で取り出したゆで卵。ゆで過ぎず、わりとちょうどいい固ゆでに。

おなかの色がすっかり白くなってしまった『エッグタイマー』。使い終えたら水洗いはせず、しばらく放置して元のピンク色に戻るのを待ちましょう(急激に冷やすと割れるキケンがあるので)。

*    *    *

ダイソー『エッグタイマー』はとくに半熟たまごを作りたいときに便利なグッズかと思います。頼れるほどのゆで勘をお持ちでない方、おひとついかがでしょうか?