コンビニ「サラダチキン」好きは知っておきたい高カロリーランキング【2017夏】

高たんぱく&低糖質のヘルシー食材として定着しているサラダチキン。コンビニ惣菜としてもほぼ定番化していますよね。いまやプレーンタイプだけでなく、さまざまな味付きタイプも並んでいます。

となると、味の違いだけでなく、カロリーにも差があるのでは? そこでコンビニ大手3社のサラチキで高カロリーランキングを作ってみました。ヘルシーに作られている食材だけに、際立って高カロなものがあるわけではないですが…… m(_ _)m

 

チェックしたサラダチキンについて

今回チェックしたサラダチキンは、主要コンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)の銘柄をピックアップ。各商品1パック分のカロリーは、公式サイトまたはパッケージ記載の情報をもとにしています(2017年6月20日時点)。

【サラダチキン】高カロリーランキング

コンビニ各社の各種サラチキの平均データをまとめると以下のような感じ。

  • 平均カロリーは約128kcal(約110g)
  • 平均たんぱく質量は約25g
  • 最大 – 最小差は112kcal

コンビニのおにぎり一個よりはるかに低カロリーですね。サラチキを食べるときはそのくらいの認識でよいかと思います。

最強カロリーはファミマ『国産鶏サラダチキン』198kcal

今回チェックした銘柄では、ファミマ『アルペンザルツ岩塩の国産鶏サラダチキン』が198kcal(120g)で最高カロリーでした。もっと味付きタイプのほうが高カロかと思いましたが、ちょっと意外ですかね。まぁ、最高カロリーといったって、おにぎり一個分程度のカロリーで低糖質でたんぱく質が多いですし、ぷりっとした身とはっきりとした塩系の味付けでおいしいしね……。

低カロリー銘柄はセブン『ほぐしサラダチキン』86kcal

低カロ銘柄もチェックしておきますと、セブン-イレブン『ほぐしサラダチキン』が86kcal(80g)でもっとも低カロリーなサラチキでした。その名のとおり、ほぐし済みなので食べやすい一品。低カロリーだから、というよりは、その利便性でリピ買いしたくなる一品ですかね〜。

あとついでにもうひとつ。たんぱく質がもっとも多かったのは、ローソン『サラダチキン〈スモーク〉』で28.5g(1パック115g)でした。

*    *    *

以上、コンビニサラダチキンの高カロリーランキングをお届けしました。どのメニューもヘルシーに仕上げられているので、あまり気にしなくていいと思います!