自宅でコンビニ風の塩ゆで卵を再現する方法

コンビニで売ってるゆで卵、ほどよい塩味が付いていて美味しいですよね。あのコンビニの塩ゆで卵をお家で簡単に再現する方法、ご存知ですか?

スーパーの卵パックで何個も作れるのでコスパも高し。そのままだと味気ないゆで卵を美味しく仕上げるオススメレシピをご紹介します!

 

用意するもの

  •  6個
  •  (殻なしの場合)小さじ1、(殻ありの場合)小さじ4以上

まずは普通に卵を茹でます。コンビニゆで卵のほどよい半熟加減にするなら、8~9分程度が目安でしょうか。ダイソーで売ってる『エッグタイマー』で熟し加減を確認するのもオススメです。

茹で上がったら冷水にイン。殻なしで作りたい場合はこのタイミングで殻を剥いてしまいましょう。今回は殻を剥いて調理しました。

殻を剥いた卵6個の場合、塩小さじ1を溶かした水200mlを用意します。塩水を沸騰させたら茹でた卵を投入して、追加で4分ほど煮ていきます。卵の数が多い場合、そのぶん塩を濃いめに調整してみてください。

煮終わったら、塩水は切らず卵と一緒にビニール袋に入れまして、冷水に漬けて粗熱を取ります。冷えたら冷蔵庫にしまいます。

ちなみに殻付きの場合、たっぷりと塩を入れた塩水を卵まるごと浸かる程度に袋や容器などに用意し、茹でた卵を追加で煮ずにそのまま投入して冷蔵庫に寝かせればOK!

殻なしの場合、塩水と一緒に袋に入れた状態で、冷蔵庫でざっくり3時間ほど寝かせれば完成! 長めに浸けるとそのぶん味が濃くなりますが、4~5時間程度がちょうど良いかと。ちなみに殻なしの場合は12時間程度が目安。この場合は大量の塩を使っているので、長く漬けると濃くなりすぎるので要注意です。

たったこれだけで王道の塩味玉が完成! 比較的短時間寝かせるだけで仕上がるので、どちらかと言えば殻なしで作るほうがオススメでしょうか。コンビニのゆで卵が好きな方、お手軽かつ大量にあの味を再現できるので、自分好みに微調整しつつぜひお試しください!