カルディで「白トリュフの香りにクラクラするラーメン」が売られている

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)で販売中のオリジナル麺『トリュフらぁめん』はご存知でしょうか。

トリュフっつーと、あの高級食材の? そうです。地中で育つキノコの。本品はとくに高価だという白トリュフの香りが楽しめるオイル付きなんです。白トリュフに興味のあるという方にとくに試してみてもらいたい一品かなー。

 

カルディ|トリュフらぁめん|170円

おすすめ度 ★★★☆☆

こちらがカルディで購入できるオリジナル商品『トリュフらぁめん』であります。……まぶしい。金屏風をバックにした質素なラーメンどんぶりという感じで、高級感あるのかないのか、妙にチグハグな印象を覚えつつ……買いました。一袋170円(税込)です。なお、白トリュフが固形で入っているわけではないのでご注意を。白トリュフはけっこうな高級食材です。

「らぁめん」シリーズではおなじみの菊水製寒干し麺(文句なしにうまい)、スープ、白トリュフオイルが同梱されておりますよ。

麺は菊水、スープと白トリュフオイルは一番食品による製造です。パッケージがキラキラしすぎて写真撮りにくいんですよねぇ(腕が悪いだけ)。

【原材料名】[麺]めん(小麦粉、小麦タンパク、食塩、卵白粉末/ソルビット、酒精、かんすい、クチナシ色素)、打粉(加工でん粉)、(一部に小麦・卵を含む) [スープ]チキンエキス、食塩、砂糖、魚醤(魚介類)、たんぱく加水分解物、魚介エキス、酵母エキス、野菜エキス、トマト粉末/調味料(アミノ酸等)、酒精、加工でん粉、増粘剤(グァーガム)、カラメル色素、(一部に鶏肉・魚醤(魚介類)を含む) [トリュフオイル]なたね油、鶏脂、白トリュフオイル/香料、(一部に鶏肉を含む)

調理方法は?

調理方法については、茹でた麺を湯切りし、別途用意したスープと合わせれば大方完成。フィニッシュとして白トリュフオイルを混ぜるわけです。さて、このとき、白トリュフオイルを一気に使うかどうかは、まず開封して香りを確かめてからどうぞ。

白トリュフ……刺激のお強い香りですこと

さて、先に申し述べておきますと、白トリュフの香り……かなり独特! 一瞬、ん? ガス漏れ? クラクラ? とか思ったら、白トリュフ、お前か。なんとも形容し難く(ガスに例えていいものか?)、刺激感の強い香りに慣れ親しんでいない身としては、どうにも評価しかねるので、白トリュフ経験のある女子に意見を伺いますと、まさにこの刺激臭は白トリュフだそうで。

ポルチーニあたりのクセのある香りが好きな人にはいいのでは? とは言うものの、白トリュフはそれに何重にも輪をかけたクセって感じ。白トリュフを知らずに食べると、好き嫌いがはっきり分かれそうですね〜。白トリュフオイルは少しずつ加えてもいいかも。

透明色のスープは、鶏がら系のかなり旨味濃厚な味わい。魚介出汁や野菜の甘みも効いているようで、深みのある味作りは美味しさ申し分なし。刺激的な香りに負けない強さを持ったスープですね。

菊水が製造する麺もまた申し分なし。寒干し麺の生麺風のコシとのどごし、風味の良さ。スープもよく絡むので、とにかく美味しくいただけますよ。

『トリュフらぁめん』はかなり個性の強い三要素が集まったラーメン。特におすすめしたい対象は、白トリュフってどんな感じなん? と興味を持った方ですかねぇ。そもそもが日頃は接する機会の少ない高級食材ですし。興味本位でどうぞ!

カロリーは?

カロリーは1食115gあたり357kcalです。

<参考リンク>
KALDI|トリュフらぁめん