ヨーグルトの高カロリーランキングを作ってみた|2017秋

コンビニで買えるヨーグルトの高カロリーランキングを作ってみました。

健康食品のひとつとしてヨーグルトを習慣的に食べている人は多いですよね。機能的な成分に期待するのであって、カロリーの多寡はたいして気にしない人もいるかと思いますが、わりとピンきりだったりすることもあり、一応知っておいてもいいのではないかと。

ヨーグルト好きならご参考にどうぞ〜 m(_ _)m

 

ピックアップしたヨーグルトについて

今回ピックアップしたヨーグルトは、主要コンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)に行けば「だいたい売ってるな〜」とmitokスタッフが判断したものです。カロリー(kcal)は1カップ分の数値で、メーカー公式サイトまたはパッケージ記載の情報をもとにしています(2017年11月6日時点)。

ヨーグルト|カロリーランキング

今回チェックしたコンビニヨーグルトは37商品。結果を簡単にまとめると以下のとおり。

  • 最高カロリーは1カップ188kcal
  • 最低カロリーは1カップ35kcal
  • カロリー最大差は153kcal
  • 1カップの平均カロリーは約103kcal
  • 1カップの平均容量は約124g
  • 10g(またはml)あたりの平均カロリーは約8.5kcal

1カップの平均カロリー、約103kcal はおにぎり1/2〜2/3個分というところですかね。

最高カロリーはローソン『果実とナッツのヨーグルト』188kcal

今回チェックした商品における最高カロリー銘柄はローソン『果実とナッツのヨーグルト』で 188kcal(120g)でした。前回にチェックしたときと同じ結果ですね。

セパレート容器にドライフルーツとアーモンドというおまけ要素が含まれている分、ヨーグルトオンリーの銘柄と比べると高カロリーになるのは当然ですかね。鉄分も摂れますし、栄養バランス的には選んでOKな一品かと。カロリー控えめ重視なら回避で。

おまけ無しなら明治『明治ブルガリアヨーグルト LB81低糖』144kcal

先のローソンPB商品のようなおまけ付きじゃないヨーグルトもチェックしてみると、明治『明治ブルガリアヨーグルト LB81低糖』が 144kcal で高カロリーです。内容量が最高クラスの 180g なので、1カップのカロリーが高めになるのは仕方ないですね。ちなみに10g あたりのカロリーは 8.0kcal で平均値以下だったりします。

低カロリー重視なら雪印メグミルク『恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト』35kcal

ヨーグルトを毎日食べるなら、なるべく低カロリーものを選びたい? コンビニで手軽に手に入るヨーグルトとしては、雪印メグミルク『恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト』が 1カップ35kcal(100g) で最低カロリーでした。ぶっちぎりの低カロぶり。最高カロリーのやつと比べると 153kcal も低いんですよね。ただ低いわけじゃなく、内臓脂肪を減らす機能を持つというガセリ菌SP株なるものを含んでいる点もぽいんとです。

*    *    *

以上、主要コンビニで手に入るヨーグルトのカロリーランキングでした。1カップ103kcalという認識でカロリー計算に入れておけば大きな誤差は出ないんじゃないかと思います!