カルディで気になる「カセットテープ風チョコ」はわりと芸が細かい

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)で見かける『チョコ カセット』はご存じでしょうか。

バレンタインの時期になると店頭ではチョコの種類が増えますけど、中でもわりと人目を引きやすい感じなのが、この “懐かしのカセットテープ” デザインのチョコでしょうか。レトロポップでけっこうリーズナブル。チョコ選びの候補にどうすか?

 

チョコ カセット|各257円

おすすめ度 ★★★☆☆

こちらがカルディで見かける『チョコ カセット』。懐かしのコンパクトカセットテープ(の中でもかなりレトロなやつ?)を模したデザインです。「懐かしい〜!」って反応するのはどのあたりの世代までなんでしょう。平成5年生まれのmitokスタッフ女子によれば、小学生のとき、ラジオ録音に使っていたのだそうで。カラーは複数ラインナップされておりまして、お値段は各257円(税込)。

パッケージの裏側もカセットテープ的な。ちなみに原産国はチェコだそうで。

チョコ本体もまたカセットテープデザイン! 全体的にはわりとリアルに作られていて、カセットデッキに収まりそうな雰囲気。鉛筆を挿し込んでグリグリ回していた穴も再現されているあたりは芸が細かいと言いますか。まぁ、かろうじて穴が空いていたり、全開だったり、出来はマチマチですけどね。

で、お味のほうは……大したことなし! 口溶けは微妙だし、カカオ感やミルク感は弱く、香料感や砂糖の甘みが強い仕上がり。まずくはないけど、おいしいチョコを求めて選ぶ商品ではないかと。あくまでも遊び心のあるデザインがポイントのチョコですね。そこのところを意識して選ぶとよいのではないかと思います!

ちなみにレコードデザインのチョコもある

カセットテープデザインのチョコが好印象な人には『チョコ ミニレコード』という商品も(税込300円)。同じくチェコ原産のチョコ。お味は『チョコ カセット』と同じようなものですね。

商品情報

  • 内容量|40g(チョコ カセット)、50g(チョコ ミニレコード)
  • カロリー|不明
  • 原産国|チェコ
  • 輸入者|エウレカ