コンビニ店舗数の都道府県別ランキングを作ってみた|2018年3月

コンビニ店舗数の都道府県別ランキングを作ってみました。

セブン-イレブンが2万店突破したそうで。コンビニって過剰供給なんじゃない? と思うこともしばしばですけど、増殖の勢いは止まっていないみたい。むしろセブン的にはここで畳み掛けて、他社を一気に引き離すとか?

というわけで、そんな増え続けるコンビニの店舗数を都道府県別にまとめてみました。おまけで勢力マップも用意してみたので、なんとなく気になる方はご参考にどうぞ〜。

 

店舗数について

ピックアップしたコンビニの店舗数は、運営各社公開のIR資料や店舗情報等(2017年11月末〜2018年2月末時点)をもとに当サイトで独自にまとめたものであり、現時点の正確な数値を保証するものではありません。本記事公開時点では店舗数の増減がある点についてはあらかじめご了承ください。ファミリーマート店舗数はサークルK・サンクスを、ローソン店舗数はナチュラルローソンとローソンストア100を含みます。

都道府県別のコンビニ総店舗数ランキング

今回ピックアップしたコンビニ店舗数を都道府県別に見ると表・グラフのとおり(青色は各地域でもっとも店舗数の多いコンビニ)。あらためてトップ10をまとめてみました。なお、( )内の数値は人口10万人あたりの店舗数で並べた場合の順位です。

  • 第1位|東京都 7,215店(3)
  • 第2位|大阪府 3,935店(16)
  • 第3位|愛知県 3,707店(5)
  • 第4位|神奈川県 3,624店(35)
  • 第5位|北海道 2,983店(1)
  • 第6位|埼玉県 2,890店(34)
  • 第7位|千葉県 2,656店(24)
  • 第8位|福岡県 2,237店(21)
  • 第9位|兵庫県 2,036店(44)
  • 第10位|静岡県 1,734店(8)

東京都が群を抜いて多く、大阪府、愛知県、神奈川県、北海道と続く定番の顔ぶれ。一方、コンビニ店舗数が少ない地域は以下のとおり。

  • 第38位|山形県 448店(31)
  • 第39位|宮崎県 423店(40)
  • 第40位|香川県 419店(22)
  • 第41位|佐賀県 365店(19)
  • 第42位|和歌山県 364店(42)
  • 第43位|福井県 346店(18)
  • 第44位|徳島県 334店(17)
  • 第45位|高知県 283店(37)
  • 第46位|島根県 271店(36)
  • 第47位|鳥取県 237店(28)

以下は都道府県別のコンビニ店舗数をグラフ化したものです。

人口あたりのコンビニ店舗数

人口(10万人)あたりのコンビニ店舗数を都道府県別にランキング化してみると、総数ランキングとはちょっと異なる結果になります。

  • 第1位|北海道 55.7店
  • 第2位|山梨県 55.2店
  • 第3位|東京都 53.0店
  • 第4位|宮城県 49.5店
  • 第5位|愛知県 49.4店
  • 第6位|茨城県 48.7店
  • 第7位|富山県 47.1店
  • 第8位|静岡県 47.0店
  • 第9位|栃木県 46.0店
  • 第10位|秋田県 45.9店
  • ———-
  • 第38位|岡山県 39.0店
  • 第39位|広島県 38.9店
  • 第40位|宮崎県 38.6店
  • 第41位|山口県 38.5店
  • 第42位|和歌山県 38.2店
  • 第43位|沖縄県 37.5店
  • 第44位|兵庫県 36.9店
  • 第45位|長崎県 36.8店
  • 第46位|新潟県 36.1店
  • 第47位|奈良県 34.4店

総数では上位に入らない山梨県や富山県、秋田県といった地域が上位にありますね。そうした地域は、物流の都合上、県外からの道路交通量が多いといった傾向もあるようです(参考|ITmedia「えっ、山梨県がまさかの2位? 都道府県別にコンビニを分析してみた」)。

コンビニ別店舗数ランキング

最後にコンビニチェーン別の店舗数ランキングをまとめておきましょう。総店舗数は56,173店でした。

  • セブン-イレブン 20,260店
  • ファミリーマート 17,409店
  • ローソン 13,693店
  • ミニストップ 2,223店
  • デイリーヤマザキ 1,392店
  • セイコーマート 1,196店

セブン、ファミマ、ローソンの3強が牛耳るコンビニ業界ですが、とうとうセブンが2万店超え。この数に近いポジションにあるファミマはサークルK・サンクスと統合したことによる在来店の整理などもあり、最近は減少傾向。セブンは2019年度より未進出だった沖縄県への出店を計画しており、他社が店舗数で追随するのはだいぶ不可能っぽい状況になってきましたね。このままだとセブンは郵便局の数(2018年2月末時点で営業中店舗は24,040件)に追いついちゃったりするのでしょうか。

都道府県別コンビニ勢力図

おまけ。各都道府県を、各地域でもっとも店舗数の多いコンビニチェーンで色分けしてみました(赤:セブン、緑:ファミマ、青:ローソン、オレンジ:セイコーマート)。セブンは首都圏を中心に広範囲、ファミマは東海・近畿に強く、セイコーマートは北海道の盟主であります(セブンとの差は112店舗に迫ってる)。

*    *    *

以上、都道府県別のコンビニ店舗数まとめをお届けしました!