ビビンバ(コストコ食材プルコギビーフ&のりフレーク入り)を電子レンジで作る方法

しっかりとした味付けとごま油の風味、そしてのりのパリパリ感がヤミツキになる旨さの韓国のり。コストコ常連の間では『韓国味付けのりフレーク』も人気です。

コーンフレーク程度の大きさに固まったのりに味付けがされたもの。食感はフワフワとして軽快。一般的な味付け韓国のりに比べて風味が強く、塩分は控えめな感じ。だけど旨味がしっかり濃いから、進みすぎるほどごはんが進む!

そんな『韓国味付けのりフレーク』はもちろん、コンロの火も包丁も使わずにでき、電子レンジでチンするだけで作れる野菜たっぷりビビンバをご紹介します。韓国のりとの相性もバッチリで野菜をモリモリ食べられるお手軽レシピですよ!

火も包丁も使わない、一人分から作れる「韓国のりビビンバ」

韓国を代表するご飯メニューであるビビンバと韓国のりはもちろん相性ぴったり。今回は、お手頃価格で手軽に使えるパック野菜を活用して、火も包丁も使わないナムルを2種作りビビンバにします。お肉は、同じくコストコの「プルコギビーフ」を使いましたが、別の焼き肉風の味付けものや、肉味噌でもOKです。

材料(1人分)

  • コストコプルコギビーフ 適量(80〜100g程度)
  • 韓国味付けのりフレーク 適量
  • 天かす 適量(目安=小さじ1杯程度)
  • コチュジャン お好みで
    ※キッチンバサミを使用します
  • もやしのナムル調味料
    • もやし 50g程度
    • すりおろしにんにく 小さじ1/3
    • 中華スープの素 小さじ1/2
    • 塩 少々
    • 醤油 少々
    • ごま油 小さじ2
  • ごぼうと人参のナムル調味料
    • 切りごぼう&にんじん 60g程度
    • すりゴマ 大さじ1
    • すりおろしにんにく 小さじ1/3
    • 中華スープの素 小さじ1/2
    • ごま油 小さじ2

材料をそれぞれ耐熱容器に入れ、電子レンジで加熱していきます。もやしとごぼう・にんじんの容器には、それぞれ各大さじ1の水を入れておきます。3つとも、約2分電子レンジの強(600W)で加熱しましょう。(機種によって加熱状況が異なるので、とくにお肉は火の通りを確認しながら加熱を調整してください)

加熱したものがこちら。野菜は余熱でしんなりしますので、加熱後はしばらく蓋をしたままにしておきましょう。お肉は、加熱後すぐにキッチンバサミで刻み、中まで火が通っているか確認します。刻んだ肉は、加熱時に出た汁にそのまま浸しておきましょう。野菜は、加熱で出た水分を切り、野菜が入った耐熱容器へ熱いうちにそれぞれの調味料を加えて混ぜます。粗熱が取れたら、盛り付けです。

器にご飯を盛り、お肉、もやしのナムル、ごぼうと人参のナムルを並べ、いっしょに『韓国味付けのりフレーク』を盛りつけます。のりの上に天かすを乗せ、お好みでコチュジャンを添えれば完成です! 野菜がシャキシャキ、天かすとのりがサクサク、お肉もしっかり。食感の楽しいビビンバのできあがりです!