カルディ限定のティムタム『ハニーコム』は甘〜〜い香りがとくに強力なチョコおやつ

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)で販売されている『アーノッツ ティムタム ハニーコム』をご存じでしょうか。

輸入チョコ菓子「ティムタム」。チョココーティングのさくさくビスケット&クリームの組み合わせを基本とした、カロリー高そうなおやつですよね。さまざまなフレーバーが登場していますが、『ハニーコム』が買えるのは日本ではカルディだけ。カルメ焼きみたいなフレーバーかな? 相変わらずの甘ったるさが脳に染み込んできますよっ。

アーノッツ ティムタム ハニーコム|398円

おすすめ度 ★★★★☆

カルディで見かける『アーノッツ ティムタム ハニーコム(Arnnot’s Tim Tam Gelato Messina Honeycomb)』は9枚入りで398円(税込、1枚約44円)。「ティムタム」はオーストラリアの菓子メーカー、アーノッツの定番チョコ菓子。輸入チョコおやつとしては特に有名なシリーズですよね。

ハニーコム味? なんでも、オーストラリアの国民的お菓子「ハニーコム(ハニカム)」のフレーバーなんだとか。見た目が蜂の巣みたいだからそう呼ばれる……トフィーのことかな(気泡の入ったカルメ焼き的なやつ、またはホーキーポーキー?)。なお、本品は同国ジェラート専門店「GELATO MESSINA」とのコラボ商品。日本ではカルディ限定での販売になるそうです。

開封と同時に拡散する、カロリー高そうな甘ったる〜〜〜い香り。これだけで甘味欲が満たされる……ってことはないですけど、輸入チョコ菓子っぽさは全開です。バター感というか脂質感のあるミルクチョココーティングのさくさくビスケットにサンドされたクリームは、カルメ焼きというか苦味のないキャラメルといったテイスト。がっつり甘い。はちみつを使っているわけではないものの、香りの上品な甘味ではあります。そして、ときどき後味に塩気がぶつかってくるのが印象的。まぁ、感じたり感じなかったり、そのへんはムラのある作りなんですけどね。

『アーノッツ ティムタム ハニーコム』については、ざっくりカルメ焼きフレーバーという認識でもいいんじゃないかと思います。チョココーティングがこってりとした濃い系なので、繊細な風味を楽しむ感じではないものの、間違いなく甘味欲を満たされるテイストです。紅茶やコーヒーと一緒にどうぞ。

なお、パッケージに「Chill Me!」とあるとおり、冷蔵庫で冷やしてから食べるのもかなりおすすめ。冷やすとパッケージの文字が青っぽく変化するのも見られるしっ(なにその仕掛け……)。

商品情報

  • 内容量|17.8g × 9枚
  • カロリー|1枚93kcal(総計837kcal)
  • 原産国|オーストラリア
  • 輸入者|キャンベルジャパン
  • 発売元|三菱食品
  • 原材料|ミルクチョコレート(砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、植物油脂、ホエイパウダー(乳製品)、バターオイル)、小麦粉、砂糖、植物油脂(大豆を含む)、ぶどう糖、転化糖、小麦でん粉、食塩、脱脂粉乳、ハニーコムパウダー(コーンスターチ(小麦を含む)、砂糖、ぶどう糖、植物油脂、食塩)/着色料(カラメル、コチニール、アナトー)、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料
  • 販売ページはこちら

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。