カルディの魚介系パスタソース『ボンゴレビアンコ』は滋味があふれてる

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)で販売されているパスタソース『ボンゴレビアンコ』をご存じでしょうか。

アサリなどの魚介エキスが濃厚に溶け出した魚介系パスタソースです。淡白そうに見えて、実は力強いテイスト。各材料がおいしく絡み合って、旨みの連鎖みたいな味わいに仕上がっています。うっかりスルーしそうな地味感漂うパッケージですけど、カルディでパスタソースをお探しの際はぜひ候補にっ。

カルディ|パスタソース ボンゴレビアンコ|298円

おすすめ度 ★★★★★

カルディのオリジナル商品『パスタソース ボンゴレビアンコ(Vongole Bianco)』は298円(税込)。レトルトパウチ仕様で1袋85g、55kcal。ボンゴレビアンコはアサリなどの二枚貝(Vongle)を使った魚介系パスタソース。トマトソースは使わない白(Bianco)系ソースです。調理方法は湯煎なら5〜7分間、電子レンジなら中身を容器に移して1分間(500W)加熱すればOK。フライパン調理なら、適量のオリーブオイルとパスタソースを入れ、弱火で加熱しながら茹でたパスタと絡めます。

アサリの旨みというか貝食材の旨みをよく抽出できているパスタソースです。風味付けには浅蜊(アサリ)、帆立、牡蠣といった貝エキスが使われているようで、磯の香りを感じさせる滋味っぷり。魚醤やガーリックなどの旨みが下支えし、ワインで香りは整えられ……それでもどこか和風だしを思わせるような、親しみを覚える味わい。濃厚感はあるけどクドくない。地味に完成度の高いパスタソースです。とろみのあるソースはパスタとよく絡むので、最後までその旨みを味わい尽くせるのもポイント。身の厚いあさりにも旨みがよく染みているし、量も十分で食べごたえもよし、ですね。

カルディのオリジナルパスタソースはわりと味が強くておいしい個性派揃いということもあり、『パスタソース ボンゴレビアンコ』は店頭だと少々地味な印象を受けますが(パッケージもおとなしいし)、他のパスタソースに負けず劣らず腰の据わったテイスト。通年では見かけない商品なので、見かけたらぜひゲットしてみてください。

商品情報

  • 内容量|85g
  • カロリー|55kcal(食塩相当量1.7g)
  • 販売者|キャメル珈琲
  • 原材料|あさり、玉葱、ワイン、魚介調味エキス、オリーブ油、食塩、おろしにんにく加工品、魚醤(魚介類)、砂糖、チキンブイヨンパウダー、アサリエキスパウダー、ホタテエキスパウダー、香辛料、かきエキスパウダー、増粘剤(加工澱粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(原材料の一部にゼラチンを含む)
  • 販売ページはこちら

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。