カルディの『ジンジャーとスパイスのチキンカレー』はツウ好みしそうな個性派に仕上がっている

カルディコーヒーファームで販売されている『ジンジャーとスパイスのチキンカレー』をご存じでしょうか。

生姜と多様なスパイスが織りなす個性派。雑に説明すれば、スパイシーなインドカレー好きはお試しを、ってやつ。こういう平均点を取りに行かない味づくり、いいですよねぇ〜。

カルディコーヒーファーム|ジンジャーとスパイスのチキンカレー|378円

カルディのオリジナルレトルトカレー『ジンジャーとスパイスのチキンカレー』は378円(税込)。「KARADA YOROKOBU(カラダヨロコブ)」というブランド名もあるようです。内容量は1人前で180g、カロリーは231kcal(たんぱく質 12.8g、脂質 12.8g、炭水化物 16.1g、食塩相当量 1.8g)。

調理はパウチパックのまま熱湯加熱、または中身を容器に移して熱湯加熱で。製造者はにしき食品、販売者はキャメル珈琲です。

かなり “カレー好きのための” カレーでしょう。それもスパイスがグッと効いたインド料理がお好きな人向けです。

まぁ、クセは強いかな。シャバシャバしたカレーはスパイシーな辛みも苦みもあり、甘さもある。生姜が強く薬膳チックな辛みが濃いし、シナモンなどのスパイスが多層に重なって手加減なしのエキゾチックテイスト。いわゆるインドカレー好きであっても、ちょっと好みを分けそうな個性派です。通好みしそうなやつ。ハマる人はハマっちゃう味ですね〜。

チキンはパサつき強めですけど、それなりの量なので不満はないかと。

個性派も多く取り揃えるカルディのカレーラインナップの中でも、とくに我の強さを感じる『ジンジャーとスパイスのチキンカレー』。スパイシーな辛みをお求めの方は試してみることをおすすめします。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|180g ■カロリー|231kcal(たんぱく質 12.8g、脂質 12.8g、炭水化物 16.1g、食塩相当量 1.8g) ■製造者|にしき食品 ■販売者|キャメル珈琲 ■原材料|炒めたまねぎ(国内製造)、鶏肉、しょうが、なたね油、香辛料、液糖、トマトペースト、でん粉、小麦粉、食塩、チキン風味調味料、酵母エキス、すりごま、酵母エキスパウダー、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉を含む)