カルディの『マテ茶 ロースト』は焙煎によるクセのない香ばしさで飲みやすい

カルディコーヒーファームで販売されている『マテ茶 ロースト』をご存じでしょうか。

南米生まれのお茶ですね。ややクセのある風味という印象を持つ人もいるかと思いますが、本品は焙煎によってかなり飲みやすくなっているんです。

カルディコーヒーファーム|マテ茶 ロースト|410円

カルディのオリジナル商品『マテ茶 ロースト』は410円(税込)。ティーバッグ式のマテ茶で16袋(1袋2g)、1袋あたりの単価(コスパ)は約26円。茶葉の原産国はブラジル、販売者はキャメル珈琲、加工者はがんこ茶家です。

軽く焙煎しているというマテ茶葉。1袋あたりのカロリーは6.5kcal、浸出液100mlあたりは0kcalです。

熱湯200〜300mlに対して1袋でどうぞ。

カドのとれたマテ茶と言いますか、かなりクセを抑えた風味なんです。特徴的な青くささや濃い苦みは鳴りを潜め、でも品のある香ばしさを漂わせ、淡いほうじ茶ようにも感じさせるんですよね。

シンプルに飲みやすい。焙煎した効果なんだそうで(グリーンマテ茶とローストマテ茶の違いらしい)。やわらかな苦みで油分を洗い流すようなすっきりさもあるし、食後のティータイムにぴったり。気軽にゲットでどうぞ。

水出しもおすすめ。ボトルに1袋と水(500ml)を入れて冷蔵庫にひと晩置いておけばOKです。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|32g(2g×16袋) ■カロリー|1袋(茶葉2g)あたり6.5kcal(たんぱく質 0.2g、脂質 0.2g、炭水化物 1.4g、食塩相当量 0.0g)、浸出液100mlあたり0kcal(たんぱく質 0.0g、脂質 0.0g、炭水化物 0.0g、食塩相当量 0.0g) ■販売者|キャメル珈琲 ■加工者|がんこ茶家 ■原材料|マテ茶(ブラジル産)