MENU

ローソンの『ふんわり海鮮お好み焼』はどれくらいふわとろ? 具材の満足感もチェックしてみた

ローソンの『ふんわり海鮮お好み焼』はどれくらいふわとろ? 具材の満足感もチェックしてみた

ローソンで販売されている『ふんわり海鮮お好み焼(いか・えび)』はご存じでしょうか。

電子レンジで温めるだけでOKの冷凍食品。フワトロの生地は、ダシのうまみも効いてプロっぽい味わいです! キャベツ、いか、えびの食感も楽しく、満足度の高い一品ですよ~。

目次

『ふんわり海鮮お好み焼(いか・えび)』の価格は?

こちらがローソンの冷凍食品コーナーで販売されている『ふんわり海鮮お好み焼(いか・えび)』。内容量271g(お好み焼 250g)で、お値段は279円(税込)です。ローソンとテーブルマークの共同開発商品で、製造者はテーブルマーク。以前見かけた『海鮮お好み焼』(248円)がリニューアルされて、お値段が13%ほどアップしたようですね。改めて紹介しておきましょう。

紙トレーにのせたまま、凍ったお好み焼を電子レンジ500Wで約7分10秒加熱すればOK。付属のソース、かつおぶし、あおさをかけていただきましょう。

『ふんわり海鮮お好み焼(いか・えび)』はどんな味?

生地のフワットロッとした食感がたまりません! しかもかつおとこんぶの出汁が利いていて、食べてる間、うまみがずっと続きます。ちなみに、今回のリニューアルでやまいもが加わったらしいのですが、仕込み時の原材料配合割合で0.3%とのこと。これが味わいにどれくらい影響しているのかは、ちょっと分からないですね…。

甘くてコク深いソースとかつお節が、生地のうまみを一層引き立てます。ずっと食べ続けていたい…。また、キャベツがたっぷり入っていて、シャキシャキとした歯ごたえがナイスです。

具材として、いかとえびもちゃんと入っていますよ! いかはシコシコとした食感。えびは小さいながらもプリッとした歯ごたえです。海鮮具材があるおかげで、満足度が上がりますね~。

*    *    *

『ふんわり海鮮お好み焼(いか・えび)』は、電子レンジで温めるだけでプロっぽいトロフワ生地を楽しめるのが最高! 自分で作っても、こんなふうにはならないんですよね…。ボリュームも、小腹満たしにはちょうどよい感じ!

『ふんわり海鮮お好み焼(いか・えび)』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。『ふんわり海鮮お好み焼(いか・えび)』は1食(271g)あたり343kcal(たんぱく質 15.2g、脂質 15.7g、炭水化物 36.9g(糖質 33.4g、食物繊維 3.5g)、食塩相当量 3.3g)となっていますよ。お召し上がりの際の参考にしてください。

商品の評価と詳細情報

ふんわり海鮮お好み焼(いか・えび)
総合評価
( 4.5 )
内容量271g【お好み焼 250g(1枚入)】
カロリー1食(271g)あたり343kcal(たんぱく質 15.2g、脂質 15.7g、炭水化物 36.9g(糖質 33.4g、食物繊維 3.5g)、食塩相当量 3.3g)
製造者テーブルマーク
保存方法-18℃以下で保存
原材料【お好み焼】野菜〔キャベツ(国産)、ねぎ、やまいも〕、全卵、小麦粉、魚肉(いか、えび)、牛脂、かつおエキス調味料、食塩、こんぶエキス調味料、砂糖、香辛料/トレハロース、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・いか・牛肉・大豆・やまいもを含む) 【ソース】糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、野菜・果実(トマト、りんご、たまねぎ、にんにく)、たん白加水分解物、醸造酢、食塩、でん粉、香辛料、酵母エキス/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に大豆・りんごを含む) かつお削りぶし、あおさ加工品
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次