ローソンの惣菜『豚角煮』のおすすめ度は? 気になる味やおつまみレベルをチェック

ローソンで販売されている『豚角煮』をご存じでしょうか。

三元豚のバラ肉を厚めにスライスして、カツオだしや昆布だしとしょうゆを加えた煮汁でホロホロに柔らかくなるまで煮込んだお肉総菜です。みたらし団子のような甘さがあるので、スッキリ辛口なドライ系ビールなどに合いそうなおつまみです。

ローソン|豚角煮|328円

おすすめ度 ★★★☆☆

ローソンのPB商品、ローソンセレクトの『豚角煮』は328円(税込)。厚切りにした三元豚のバラ肉を柔らかくなるまで煮込んだチルド惣菜です。煮込むのに手間はかかりますが安価な材料で作れるので家庭料理としても人気ですね。本品は脂が多いことから電子レンジでの加熱は不可となっています。沸騰しない程度のお湯で袋ごと4分ほど温めればOK。内容量は1袋140g、製造元は伊藤ハムデイリーです。

つゆだくジューシー感のある角煮が4切れほど。角煮でよくある正方形に近い形の塊というよりは、厚切りにスライスした豚バラ肉です。柔らかさは十分。箸で切れるレベル。その点は角煮として評価できるんですが、とにかく甘い点は好き嫌いを分けそう。口に入れるとまったりとした甘さが広がるんですよね。豚肉の旨味と、かすかにカツオのダシも感じるものの、でもやっぱり甘い……かな。豚の脂身はとろけるほどではなく、肉質は一般的なレベルというところでしょう。

総じて甘さが押し寄せてきた後に塩味を感じるテイスト。ある意味、みたらしソースっぽいかも。おつまみにする場合はドライ系のキリッとしたビールか、淡麗辛口の日本酒が合うと思いますよ。

商品情報

  • 内容量|140g
  • カロリー|100gあたり247kcal(総計約346kcal、炭水化物 22g、食塩相当量 2.7g)
  • 製造者|伊藤ハムデイリー
  • 販売者|ローソン
  • 原材料|豚ばら肉、砂糖、発酵調味料、しょうゆ、水あめ、清酒、還元でん粉糖化物、食塩、たん白加水分解物、かつお節エキス、香辛料、粉末卵白、こんぶエキス、ポークエキス、酵母エキス、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、加工でん粉、調味料(有機酸等)、カラメル色素、酸味料、(原材料の一部に卵、小麦を含む)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。