カルディの冷凍めし『ガパオチャーハン』のおすすめ度は? 気になる量や味をチェック

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)で販売されている『ガパオチャーハン』をご存じでしょうか。

冷凍食品コーナーで見かけるやつ。タイ料理のカオガパオをイメージしたチャーハンで、レンチンでお手軽に用意できます。見た目以上に濃いめの旨みテイストだったり、想定外に辛かったり……! カルディでごはんをお探しの際は要チェクの一品ですっ。

カルディ|ガパオチャーハン|226円

おすすめ度 ★★★★☆

カルディのオリジナル冷凍食品『ガパオチャーハン』は226円(税込)。1袋220g、409kcal。タイでおなじみのガパオ(=ホーリーバジル)炒め料理風のチャーハンを手軽に作れるものですね。調理方法は電子レンジで加熱かフライパンで炒めるかお好みで(レンチンで十分だと思います)。

製造者は、カルディ定番の冷凍めし「ルーローチャーハン」や「トムヤムチャーハン」なども手がけるユーユーフーズです。

おそらく購入者が想像する以上に(というか想定していないかも?)辛いチャーハンなのでご注意を。香辛料による刺激が強いのかと思いきや、それ以上に唐辛子の辛さが効いてくるやつです。

ガパオライスをイメージしたチャーハンのようで、スパイシーさの中に薬膳ぽい苦甘い香りをほんのり感じるテイスト(ホーリーバジルやスイートバジルによるもの?)。かといって味も甘めのわけではなく、ナンプラーなど調味食材の旨みがまざり合い、けっこうずっしり深めの味わいだったりします。見た目もトマトが効いてそうですけど、パプリカ色素の赤みなので酸味はなし。全体的に芯が太くて、辛さが響いてくる旨み系チャーハンというところでしょう。なお、具材としては鶏肉やピーマン、スクランブルエッグなどがほどほどに混ぜ込まれております。

『ガパオチャーハン』はひとまず辛口がOKな人におすすめのエスニックっぽいチャーハン。お腹にもたまるし、リーズナブルだし、常備フードとしても悪くないですね。もし辛さ対策が必要であれば、目玉焼きをのせて黄身でまろやかを追加するのもアリですよ。

商品情報

  • 内容量|220g
  • カロリー|100gあたり186kcal(総計409kcal)
  • 製造者|ユーユーフーズ
  • 販売者|キャメル珈琲
  • 原材料|精白米(国産)、鶏肉(国産)、野菜(たまねぎ、ピーマン、いんげん)、スクランブルエッグ、ガパオ炒めの素(食用ひまわり油、ホーリーバジル、しょうゆ、にんにく、魚醤、砂糖、唐辛子、シャロット、オイスターソース、その他)、なたね油、砂糖、すりにんにく、食塩、魚介エキス、唐辛子、穀物酢、乾燥バジル、ホワイトペッパー/調味料(アミノ酸等)、加工デンプン、着色料(カラメル、パプリカ色素)、pH調整剤、(一部に卵、小麦、鶏肉、大豆、魚醤(魚介類)を含む)
  • 販売ページはこちら

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。