カルディの大容量プリン『パンダ紅茶ミルク』は食べやすい個性派って感じ

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)で販売されている『パンダ紅茶ミルクプリン』をご存じでしょうか。

消費者に媚びてるような何かを訴えかけてるようなパンダの瞳に吸い寄せられて気づいたらお会計しているあのパックスイーツの新作です。本品はロイヤルミルクティテイスト。地味ながらもやみつき感のある、静かな個性派って感じ。連れ帰ってみます?

カルディ|パンダ紅茶ミルクプリン|440円

おすすめ度 ★★★★☆

カルディのオリジナルスイーツ『パンダ紅茶ミルクプリン』は440円(税込)。容量は500ml(536g)、100gあたり141kcal。牛乳パック風パッケージのスイーツはカルディの定番シリーズ。とくに「杏仁豆腐」は人気ですね。本品もまたシリーズの特徴的な食感を持った個性あふれるスイーツに仕上がっております。製造者は守山乳業です。

ロイヤルミルクティテイストのお上品プリン、というところ。舌で味わう以上に、膨らむ紅茶ミルクの香りを愉しむような感じ。甘みはほどほどだし、全体的にクドさのない味の濃さ。要は食べやすいバランス。でも後を引くようなやみつき感のあるテイストでもあるので、軽く平らげちゃったりする恐れはある気がします(笑)。シリーズ特有のまとわりつくような(どこかプリンぽくない)ねっとり加減の食感も、食を後押しする感じでしょうか。

『パンダ紅茶ミルクプリン』は、カルディのこの手のスイーツシリーズの中ではとくに個性的でいて上品にまとまったフレーバーなんじゃないかと思います。落ち着いていて、また食べたくなる=常備しておきたいタイプのほどよい個性派。日ごろは「パンダ杏仁豆腐」一択という方も、本品を見かけたら、ぜひ一度お試しのほどを。

商品情報

  • 内容量|500ml(536g)
  • カロリー|100gあたり141kcal(総計約756kcal)
  • 製造者|守山乳業
  • 販売者|キャメル珈琲
  • 原材料|砂糖、植物油脂、脱脂粉乳、水あめ、クリーム、練乳加工品、ゼラチン、紅茶エキス、デキストリン、果糖ぶどう糖液糖、紅茶/トレハロース、加工デンプン、カゼインNa、乳化剤、環状オリゴ糖、pH調整剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)
  • 販売ページはこちら

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。