コンビニ店舗数の都道府県別ランキングを作ってみた|2018年12月版

コンビニ店舗数の都道府県別ランキングを作ってみました。

コンビニ業界で動きがありましたね。ファミリーマートへブランド転換を進めていたサークルK・サンクスが11月30日、全店の営業を終了しました。ちょうどいいタイミングなので、コンビニ店舗数をチェックしてみた次第です。勢力図なんかもこさえてみたので、なんとなくご興味のある方はどうぞ〜。

※コンビニ店舗数ランキングの最新情報はこちら

店舗数について

ピックアップしたコンビニの店舗数は、運営各社公開のIR資料や店舗情報等(2018年8月末〜2018年11月末時点)をもとに当サイトで独自にまとめたものであり、現時点の正確な数値を保証するものではありません。本記事公開時点では店舗数の増減がある点についてはあらかじめご了承ください。ローソン店舗数はナチュラルローソン(NL)とローソンストア100(LS100)を含みます。

コンビニ別店舗数まとめ(総店舗数56,445店)

まずはコンビニ別の店舗数をチェックしてみました。とりあえず気になる大手3社をピックアップすると次のとおり。

  • 第1位|セブン-イレブン 20,700店
  • 第2位|ファミリーマート 16,660店
  • 第3位|ローソン 14,340店(NL 141店、LS100 794店)

セブン、ファミマ、ローソンという勢力順はいつもどおり。変化といえば、ファミマの店舗数が減少している点。サークルK・サンクスをファミマへブランド転換する中、不採算店等の整理を進めてきた影響かと思われます(2018年11月30日をもってサークルK・サンクスは全店営業終了)。なお、今回チェックしたコンビニ6社の合計店舗数は56,445店でした。

都道府県別のコンビニ総店舗数ランキング

今回ピックアップしたコンビニ店舗数を都道府県別に見ると上記の表・グラフのとおり(青色は各地域でもっとも店舗数の多いコンビニ、折れ線は人口10万人あたりの店舗数)。あらためて上位・下位の10地域をまとめてみました(カッコ内は以前・2018年3月の調査順位)。

都道府県別コンビニ店舗数|上位・下位10地域

  • 第1位|東京都 7,302店(1)
  • 第2位|大阪府 3,954店(2)
  • 第3位|神奈川県 3,753店(4)
  • 第4位|愛知県 3,614店(3)
  • 第5位|北海道 3,015店(5)
  • 第6位|埼玉県 2,911店(6)
  • 第7位|千葉県 2,667店(7)
  • 第8位|福岡県 2,261店(8)
  • 第9位|兵庫県 2,021店(9)
  • 第10位|静岡県 1,692店(10)
  • ———-
  • 第38位|山形県 451店(38)
  • 第39位|宮崎県 429店(39)
  • 第40位|香川県 414店(40)
  • 第41位|佐賀県 370店(41)
  • 第42位|和歌山県 367店(42)
  • 第43位|福井県 341店(43)
  • 第44位|徳島県 332店(44)
  • 第45位|高知県 283店(45)
  • 第46位|島根県 275店(46)
  • 第47位|鳥取県 244店(47)

この手の順位はあまり変動ないのですが、以前(2018年3月)の調査と比べると、神奈川県と愛知県が入れ替わっていますね。愛知県はファミマが多く、その店舗整理による減少が影響している模様です。

人口10万人あたりのコンビニ店舗数|上位・下位10地域

  • 第1位|北海道 56.3店(1)
  • 第2位|山梨県 55.2店(2)
  • 第3位|東京都 53.6店(3)
  • 第4位|宮城県 49.6店(4)
  • 第5位|茨城県 48.8店(6)
  • 第6位|愛知県 48.1店(5)
  • 第7位|栃木県 46.2店(9)
  • 第8位|富山県 46.1店(7)
  • 第9位|福島県 46.0店(14)
  • 第10位|秋田県 45.9店(10)
  • ———-
  • 第38位|新潟県 39.3店(46)
  • 第39位|岡山県 39.3店(38)
  • 第40位|高知県 39.3店(37)
  • 第41位|宮崎県 39.1店(40)
  • 第42位|山口県 38.9店(41)
  • 第43位|和歌山県 38.5店(42)
  • 第44位|沖縄県 38.4店(43)
  • 第45位|長崎県 37.5店(45)
  • 第46位|兵庫県 36.6店(44)
  • 第47位|奈良県 33.7店(47)

人口10万人あたりのコンビニ店舗数で見ると顔ぶれが変わりますね。総数では少ない地域には、物流の都合上、県外からの道路交通量がといった傾向もあるようです(ロードサイド店が多いとか)。

コンビニ勢力図を作ってみた

最後にコンビニ勢力図を作ってみました。各地域でもっとも店舗数の多いコンビニチェーンで色分けしています(濃緑:セブン、黄緑:ファミマ、青:ローソン、オレンジ:セイコーマート)。

際立って目立つのはセイコーマート。北海道で最多の1,107店を展開する地域特化型コンビニですね(茨城県と埼玉県にもある)。ただ現在、セブンが1,008店で猛追中だったりします。札幌市内に限ると、セイコーマート331店に対し、セブンは346店。大手3社との出店競争が激しく、賃料が大変で云々……みたいな話もあるとか。この先の勢力図が気になる地域ですね。ちなみに、セブンは2019年度より沖縄県への出店が始まる予定です。

*    *    *

以上、都道府県別のコンビニ店舗数まとめをお届けしました!