ローソンのアルミ麺『ホルモン鍋うどん入り』はナガラ食品監修のハードな辛旨タイプ

ローソンで販売されている冷凍食品『ホルモン鍋 うどん入り』をご存じでしょうか。

ローソンで地味に(?)人気を集める冷食「ホルモン鍋」。その製造元であるナガラ食品が監修したアルミ鍋うどんです。期待どおり、しっかりと味の染みたホルモンが味わえるんですけど、むしろハードな辛うまスープのほうが印象的だったりもします。辛いのOKな方こそ試すべき一品ですね〜。

キンレイ|ホルモン鍋 うどん入り|498円

おすすめ度 ★★★★☆

ローソンの冷凍食品コーナーで見かけるアルミ鍋食品『ホルモン鍋 うどん入り』は498円(税込)。ご存じの方も多いかと思いますが、本品はローソン冷食の中でもとくに有名な「ホルモン鍋」のメーカー、ナガラ食品が監修している商品です(製造者はキンレイ)。

“ホルモン鍋 うどん入り” というよりは、“鍋うどん ホルモン入り” であり、けっこうな辛うまタイプの一品です。分量的にはうどんが圧倒的な主役で、ホルモンはさみしい脇役。味はいいんですけどね。そういうこともあり、本品を購入する場合は、“辛うまスープうどん” という認識でどうぞ。かなり辛いタイプです。

その辛うまスープ、味噌&醤油ベースなんですけど、どちらかというと本家ホルモン鍋に近い醤油ベースのサラッとした口当たり。濃厚のようでいてそうじゃなく、かといって薄いわけでもなく、はっきりとした旨み、甘み、辛さが印象的。ビーフエキスや野菜、魚醤などによる旨み付け、そこに砂糖の甘さやコチュジャンの甘辛さが加わり、さらに全体を覆う唐辛子のハードな辛さも渾然一体となり、ちょっと独特のバランスの辛うまスープに(まぁ、辛さは突出しているんですが……)。

ホルモン(豚小腸)は量たっぷりとはいかないものの、旨みをよく吸った味凝縮タイプ。一口ひとくち、軽い弾力とともに滲み出てくる旨みは素直においしいですね。このへんはさすがナガラ食品監修といったところ。もっと欲しいぞ……。

うどんはコシの強いシコシコ系(煮込み具合次第ではありますが)。量も多くて、腹持ちよし。勢いよくすすって、赤い辛スープが飛び跳ねるのにはご注意ください。

実際のところ、ホルモン重視派であれば、「ナガラ食品 ホルモン鍋」を買って冷凍うどん玉でも加えるほうが満足度は高いかと思いますが、『ホルモン鍋 うどん入り』は辛うまスープこそが主役。汗をかきかき、ハードな辛口フードがお好みの方はぜひお試しください。

商品情報

  • 内容量|483g(めん160g)
  • カロリー|439kcal(脂質 12.8g、炭水化物 64.8g、食塩相当量 6.2g)
  • 製造者|キンレイ
  • 原材料|【めん】小麦粉、食塩/加工でん粉 【つゆ】みそ、しょうゆ、動物油脂、コチュジャン、本みりん、ビーフエキス、野菜(にんにく、しょうが)、魚醤(魚介類)、食塩、植物油脂、ガーリックエキス、オニオンエキス、かつお削りぶし、ゼラチン、醸造酢/増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.E) 【具】ボイル豚小腸、野菜(ねぎ、にんにく)、しょうゆ、唐辛子、ごま、すりにんにく、植物油脂、砂糖、食塩、こしょう、しょうゆ加工品/増粘剤(加工でん粉)、酸化防止剤(V.E)、(一部に小麦・大豆・牛肉・豚肉・ゼラチン・ごま・魚醤(魚介類)を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。