MENU

ファミマの『頑者監修 濃厚魚介つけ麺』は迫力ある太麺で満たしにくる!

ファミリーマートで販売されている『頑者監修 濃厚魚介つけ麺』はご存じでしょうか。

電子レンジで温めて作る冷凍食品です。もっちりコシのある極太麺は食べごたえ十分! つけだれは魚粉が香りつつも、意外にバランスのとれた味わいです。ガツンとお腹を満たしたいときにお役立ちの一品ですよ!

目次

『頑者監修 濃厚魚介つけ麺』の価格は?

こちらがファミリーマートの冷凍食品コーナーで販売されている『頑者監修 濃厚魚介つけ麺』。内容量359gで、お値段は398円(税込)です。ファミリーマートと日清食品冷凍の共同開発商品で、販売は日清食品冷凍、製造は高松日清食品。ちなみに「頑者」は、極太麺+魚粉入りつけだれを確立した名店なんだそう。

本品は、作り方はやや手間がかかります。凍ったままの「具付めん」を皿にのせ、電子レンジ500Wで約7分加熱。具を取り分け、めんを流水で冷やして器に盛り付け。「液体たれ」を温めてから器に入れ、熱湯100mlを注いでよくかき混ぜ、「特製魚粉」を入れてなじませればできあがり。

『頑者監修 濃厚魚介つけ麺』はどんな味?

極太の麺がいいですね! もっちりしつつ、コシのある歯ごたえ。舌触りはツルッと小気味よく、のどごしも滑らかです。小麦の風味も感じられるし、つけだれがよく絡んで味わいもグッド。

つけだれは魚粉の香りが立ちのぼりますが、味のほうはバランスタイプ。魚介ダシだけでなく鶏や豚のエキスも使われていて、うまみが効いているけど偏ったクセはない印象。ドロ系ではなく、サラッとしていることもあり、とても食べやすいですよ。

具材はチャーシューとなるとが1枚ずつ。チャーシューはかなり薄いんですが、それなりに豚の味わいを感じさせてくれます。

『頑者監修 濃厚魚介つけ麺』は、極太麺のおかげで食べごたえ満点! 小腹満たしなんてボリュームではないので、ガッツリいきたいときのメニューとしてご活用ください。

『頑者監修 濃厚魚介つけ麺』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『頑者監修 濃厚魚介つけ麺』は1食あたり576kcal(たんぱく質 23.8g、脂質 10.4g、糖質 95.0g、食塩相当量 4.6g)です。たれを飲み干さなければ、塩分の摂取はけっこう抑えられるはず。お召し上がりの際の目安にしてください。

商品の評価と詳細情報

頑者監修 濃厚魚介つけ麺
総合評価
( 4.5 )
内容量359g(めん300g)
カロリー1食(359g)あたり576kcal(たんぱく質 23.8g、脂質 10.4g、炭水化物 98.8g(糖質 95.0g、食物繊維 3.8g)、食塩相当量 4.6g(めん・具 0.5g、たれ 4.1g))
製造所高松日清食品
販売者日清食品冷凍
保存方法-18℃以下で保存
原材料めん〔小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩/かんすい〕、たれ〔しょうゆ、ポークエキス、豚脂、砂糖、チキンエキス、麦芽糖、削りぶし粉末、さばぶしエキス、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、チキン調味料、発酵調味料、こんぶエキス、食塩、さば調味油、醸造酢、ジンジャーペースト、香辛料/増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、酒精、酸味料、香料、チャ抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素〕、具〔焼豚、魚肉練り製品/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、香辛料抽出物〕、特製魚粉〔削りぶし粉末/調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)、チャ抽出物〕、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次