中華まんは肉でもチョコでもフライパンで焼くとカリカリおいしい

寒い冬には定番のホットスナックである肉まんを、ほんの一手間かけるだけでより美味しく食べられると評判の「焼き肉まん」というレシピをご存知でしょうか。

肉まんアレンジレシピとしては、以前ご紹介した「肉まんスープ」などもお手軽さで有名ですが、こちらは更にメチャ簡単! いつもの肉まんを新鮮な食感で食べられる便利なアレンジなんです。他の中華まんでも試したところを、改めてご紹介させていただきます!

 

用意するのは中華まんとフライパンだけ!

材料はお好みの中華まんだけ。冷凍品よりはスーパー売りのチルド肉まんや、コンビニのホットスナックのものがおすすめです。今回はローソンの『ジューシー肉まん』『とろーりチーズのピザまん』『濃厚チョコまん』を使用しました。

作り方はいたって簡単。薄く油を敷いて弱火〜中火にかけたフライパンで、肉まんを加熱するだけ! 焦げない程度にしっかり焼き目が付いてきたら完成です。ちなみに、竹べらやフライ返しなどで肉まんを伸ばすように押し付けて焼くと、時短かつ更に美味しく仕上がってくれますよ。

余った肉まんがカリカリふわふわに!

焼き時間はざっくり3〜4分程度でしょうか。やや濃いめに焼き目をつけた表面は、軽やかなカリカリ食感に! いつものふわふわ感もいいけど、この食感が新鮮で美味しいんです。買ってから時間が経って固くなってしまった肉まんの再調理法としてもおすすめですね。

中の餡はアツアツしっとり。押し付けて焼くことで餡の風味が生地に染みるのか、まんべんなく味が染みて香ばしい味わいになってます。具材のみっちり感が増すのもあって、おやきに近い感じですね。ごまやネギを添えても風味が増して、ご飯のオカズにもなりそうな味わいに仕上がりますよ!

ちなみにピザまんで試してみると、蒸しただけのピザまんよりもチーズのトロトロ濃厚感が際立ちまくってるような……!? ねっとりアツアツの特濃おやつとして、数段レベルが上がってます。これはハマりそう!

変化球としてチョコまんでも試したところ……カリふわな生地の中からホットチョコがとろ〜りと流れ出す、絶妙な食感になっていてかなりアリ! 意外とどの中華まんでもハマる食感と風味に仕上がるので、ぜひ試してみてください!