セブンの冷凍食品『豚の生姜焼き』は豚丼スタイルでがっつり食べたい

セブン-イレブンで販売されている冷凍食品『豚の生姜焼き』をご存じでしょうか。

以前から冷食ラインナップの定番ではありましたが、完全トレータイプのものが登場しているようです。ややコスパは傾いているものの、生姜の辛みをよく活かした味付けになっている感じで好印象。豚丼スタイルでぜひっ。

セブン-イレブン|豚の生姜焼き|321円

セブンのPB「セブンプレミアム」の冷凍食品『豚の生姜焼き』は321円(税込)。内容量は116g、カロリーは384kcal(たんぱく質 14.0g、脂質 34.0g、炭水化物 6.6g、食塩相当量 2.0g)。日本ハムとセブン&アイグループの共同開発商品です。

ちなみに冷食の豚生姜焼きというと以前から袋入りトレータイプ(291円 / 125g / 日本ハム)もありますが、本品は容量微減&価格アップとコスパは少々悪くなっています。消費税増税による影響なんですかね。冷食「牛カルビ焼」も同様のリニューアルが行なわれています(併売かもしれないけど)。

生姜の辛みバシッ、豚肉のさみしくない厚みで完成度高め。ほとんど従来品の味の記憶は消えているんですけど、より望ましい方向に濃い味になっているように感じます(気のせい?)。甘みより辛さが立ったような甘辛仕上げですかね。

豚丼スタイルでどうぞ。豚肉でごはんをはさんで一気にかきこむ感じ、豚肉には崩れちゃうような安っぽさはなく、食べごたえはしっかり。生姜の辛みを中心に、醤油やみりん、玉ねぎなど旨みの強い味付けで支えられ、とにかくごはんが進む味わいです。大盛一杯余裕。職場の雰囲気が許すなら、本品とレンチンごはんを併せ買いしてがっつり豚丼ランチをどうぞ!(もちろん会社帰りの晩飯調達でもいいけどっ)

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|116g ■カロリー|384kcal ■製造者|日本ハム ■製造所|日本ハム 諫早プラント ■保存方法|−18℃以下で保存 ■原材料|豚肉、しょう油、しょうが汁、砂糖、酒精、しょうが、たまねぎ、みりん、はちみつ、ポークエキス、卵白末、乳たん白、ゼラチン、食塩/増粘剤(加工デンプ、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)