激戦のコンビニコーヒー、次はカフェインレス競争? ローソン新発売のデカフェを飲み比べてみた

ここしばらく健康志向の人たちの間で話題になり、新製品がどんどん出てきているのがデカフェ。いわゆるカフェインレスコーヒーです。この流れに乗って、ローソンのマチカフェからもデカフェ(コーヒー、カフェラテ)が登場しました!

でもお味はどうなんでしょう? だいぶ進化してきたとはいえ、正直な話、デカフェは薄くてイマイチなことも多いんですよね~。

ローソン マチカフェ『カフェインレス コーヒー』150円(S)

味の傾向

  • 苦味 ★★★☆☆
  • コク ★★☆☆☆
  • 甘味 ★★★☆☆
  • 酸味 ★★★☆☆
  • 香り ★★★☆☆
  • 総評 ★★★★☆

苦味と香りはしっかり残ってる!

デカフェとしては苦味や香りがしっかり感じられるほうです! 通常のマチカフェブレンドと比べると、コクと酸味がやや少なめで、ちょっとライトなバランス型のコーヒーになっています。「ブルーマウンテン」など軽めのコーヒーが好きな人にはおすすめしやすいですね。コクと酸味が薄い分、豆の香りや甘みはむしろ感じやすいイメージですよ。

マチカフェブレンドはピリッとフルーティな酸味が魅力の個性派だったので、デカフェにしても味わいが残りやすいのかもしれません。強烈な個性は無くなったものの、デカフェに慣れてない人にも違和感なく飲める優等生って感じ。デカフェが気になったら、まずはコレから試してみては?

デカフェとしてはコーヒーの味がしっかり残っていることと、バランスの良さを評価して星4つ

▲デカフェ版(左)と通常ブレンド(右)。見た目では判断が難しいくらいの差。

マチカフェ『カフェインレス カフェラテ』200円(税込)

味の傾向

  • 苦味 ★★☆☆☆
  • コク ★★☆☆☆
  • 甘味 ★★★★☆
  • 酸味 ★★☆☆☆
  • 香り ★★★☆☆
  • ミルク感 ★★★★★
  • 総評 ★★☆☆☆

濃厚ミルクに負け気味かも!?

マチカフェの通常カフェラテとの差はわずかなんですが……そのちょっとした違いが大きく響いているように感じます。苦みとコクがほんのちょっと減った結果、ミルクのコクと甘味ばかり目立つように。極論すると、カフェラテというよりは、「甘さ控えめのコーヒー牛乳」という印象です。

とにかくミルクの甘みが前面に出ています。まぁ、ミルクの質が良いからこそだとは思いますが。苦いカフェラテがダメな人、ホットミルクが好きな人にはおすすめ!

とはいえ、もう少しコーヒー感が欲しいところ。総評は星2つとさせてもらいます!