業務スーパーで発見した「アメリカンソース漬け缶詰」が想像以上に万能食材

業務スーパーのオリジナル輸入缶詰で『イカのアメリカンソース漬け』という商品をご存知でしょうか。

アメリカンソース(アメリケーヌソース)はフランス料理に使われるソース。海老などの甲殻類の殻と香味野菜を炒めたのちに、魚介の出汁を足して煮詰めて……といった工程で作られるものでして、そこにイカの切り身を加えたものが本商品です。

そのままお酒のおつまみにするのはもちろん、意外とお料理にも手軽に活用しやすい一品。格安品だけどクセが少なく、料理初心者でも使い勝手の良いおすすめ品でした!

 

業務スーパー|イカのアメリカンソース漬け|189円

おすすめ度 ★★★★☆

業務スーパーの缶詰類が並ぶ一画で販売中。価格は189円(税込)です。同価格帯だと『ニシンのトマトソース漬け』や『アトランティックサーモンのオイル漬け』などもラインナップされていますね。

原産国はスペイン。内容量は112g(固形量72g)ですね。原材料表示ではイカの次に植物油脂が記載されており、ちょっぴりオイリーな仕上がりのソース。ベースは魚介出汁とトマトと玉ねぎで、白ワインなどで味を調えているようです。

開封するとこんな感じ。ソースは赤味がかっており、イカは小さく刻んだ状態でぎゅぎゅっと詰まっております。イカの切り身に混じって底に溜まっているのは、玉ねぎの粗みじん切りでしょうか。

お皿にあけると、けっこう色鮮やかなビジュアル。ソースが染みて、イカはそれと分からないような色合いになってます。肝心のお味ですが、ソースの口当たりはふんわりまろやか。赤いけど辛味はなく、日本人にも馴染みがある優しめなトマトソースの風味に、ほのかな魚介の香りが続きます。

わずかに酸味を感じますが、塩味など際立った味付けはナシ。お料理に使う前提のバランスですが、そのまま食べてもワインのおつまみとして上品な味わいでなかなか優秀! イカの旨みが燻製のように噛むほど深まり、なんだか和洋折衷な趣もあります。

グラタン、ドリア、パスタ、野菜の炒め煮……

活用方法としては、グラタンやドリアに使えばまず間違いないでしょうし、野菜と炒め煮にするのもお手軽で美味しそう! オムレツやムニエルなどに加えてもラクに本格感を出せますね。実はご飯に添えるのも定番なのだとか。

おすすめの簡単レシピはパスタに絡めること。パスタを茹でたらお湯を切り、本品をフライパンに熱して、パスタと一緒に軽く炒めるだけ。あとはお好みでハーブソルトなどを振れば、いつものパスタがお店で食べるような品の良い美味しさに大変身! 輸入缶詰に普段馴染みがない方も活用しやすい一品、見かけたら一度試してみてください!